自己紹介

広告代理店の仕事が楽しくてやっぱり幸せだから辞められない!

social media marketing concept attracting with a huge magnet picture id1277965513 2 - 広告代理店の仕事が楽しくてやっぱり幸せだから辞められない!
オリーヴ - 広告代理店の仕事が楽しくてやっぱり幸せだから辞められない!
オリーヴ
就活アドバイザーのオリーヴです。

このサイトにご訪問いただきありがとうございます。

私ことオリーヴの自己紹介をさせていただきたいと思います。

まず、私がなぜこの広告代理店の仕事と転職サイトを運営しているかをお伝えしたいと思います。

広告代理店の仕事はワクワク楽しい!幸せや自己の成長を秘めている

結論から言うと、やはり広告代理店業は「ワクワク楽しい」ということに尽きるからです。

<仕事が楽しい理由は>

  1. 企画を作ることが楽しく大きい仕事ができる
  2. みんなでワイワイ、時に論破で撃沈でも・・
  3. 世に広告を出してその反応を見るから飽きずにいられる
  4. 顧客心理で物が売れるのが面白い
  5. デザインやコピーに拘れるのが居心地がいい

ということではないでしょうか?

私の周りにも多くのコピーライターやデザイナー、プログラマーがいますが大体そうのようなことを言ってる人が多いですね。

自己紹介オリーヴ。最初の会社は倒産~スタート

そんな私ですが一番最初に勤めた会社が倒産になりました・・会社のものを整理することになり、社長が落ち込んでいる様子をみて「これは一大事だ、どうする?」と。

どうやって家賃を支払っていくのか・・生活費をどうするのかと悩みました。会社の事務所で寝ることもあった職場でした。

社長は、個人事業主として出直すということで、「じゃあ私もそうしよう」なんとかなると単純に考えて、フリーランスになりました。

しかし全く仕事を獲得することができませんでした。貯金は0円。実家からお米が送られてきました。

そこで、営業活動を行い仕事を獲得しようと都内で走り回りました。しかしなかなか仕事を獲得することができません。

元社長が見かねて仕事を回してくれました。その仕事をしながら、営業活動をして自宅で作業して、週4回は深夜に打合せをする。

そんな生活が11か月ほど続きましたが、いつしかコピー機にもたれかかって眠っていたり、自転車操業の生活で、理想の生活は言えない生活が続きました。

好きで始めた広告代理店の仕事であったにもかかわらず、今までやっていた仕事よりもお金を稼ぐ仕事を選択するようになっていき、次第に心がすさんでいきました。

そして、いつしか深夜が当たり前になり、昼夜が逆転しこのままでは体が壊れる限界まで働いていました。それでも仕事を休むことなく働くしかないという感じでした。

支払いと出費を考えてつつ仕事をして営業して・・そしてあまり得意ではない仕事をしている。それでも博報堂のCDにはお世話になり、よくお仕事を頂いていました。

そんな中、博報堂でTVCMの仕事の企画を考えるようになり、消費者理解をすることの楽しさを知ったのです。大手飲料メーカーや車のTVCMの企画を考えては絵コンテを作っていました。

国内の広告代理店~外資の広告代理店へ転職

そして、デザインした作品をファイルし、あちこち友人を頼りに転職活動を行いました。

しかしなかなか決まりません。自分に足りないものが全く分かっていなかったのです。ただ好きな仕事、目の前の仕事をすることでしかやってこなかったので、採用側が求めていることがわからなかったのです。

それでも、なんとか転職エージェントの力を借りて、国内の広告代理店に転職することができました。その会社では、マーケティングという職務を担当する人を募集していました。

その理由はP&Gの仕事をグローバルで勝ち取ったのですが人材が不足していたのです。

先輩の仕事を見ながら、ロジカルに物事を整理して考えることが楽しいと思えるようになりました。P&Gの仕事は激務でした。TVCMの企画を考えてもTVCM1本も作成できない、商品が上市されないということが普通だったのです。

次第にどうして物事が決まるのか不思議に思うようになりました。

マーケティングは上流工程で進めるものですから、メーカーでなければわからないんだなあ」と思いつつ、その後外資の広告代理店へ転職というアグレッシブに活動をしていくことにしました。

P&Gの仕事では、残業~残業が続き企画書の大量の山の中で埋もれる・・という経験もあり、アカウントの営業も体調不良者が何人もでていました。

例えば、TV会議、調査、企画、会議、資料、会議、出張、会議、企画書、調査、打合せ、企画、打合せ、シンシナティ―と会議、英語ちんぷんかんぷん(帰国子女のアカウントもネイティブの英語はわからないと・・)、商品テスト撮影、編集、打合せ、企画書、会議、リサーチ用USPの企画書作成、打合せ、打合せ、会議、撮影、編集・・

深夜のタクシーで帰宅することもありましたが、正直楽しかったです。人々が広告に接して態度変容し物が売れるという仕組みがわかり、非常に面白いと思うようになりました。

P&Gの仕事の進め方は、広告ガイドラインを提示しその内容に沿って企画と調査を繰り返して市場に商品をロンチします。テストマーケティングを多く行っていくので成功確率をあげて売れる商品、売れる広告をつくっていくのです。

ここでは、具体的なブランドの話は避けておきますが、優秀なマーケッターという人を何人も見る機会があり、とても刺激を受けました。

4マスの企画、特にTVCMの企画、調査、撮影、編集のすべてに参加することができたので、残業も多くこなしました。

以前持っていた疑問。「クライアントにならなければ、なぜこのマーケティングの考え方をするのか本当の真意がわからない。」と思ったのです。

人生初の事業会社へ転職

ここで思い切って事業会社へ転職をする決意をしました。なぜならば、事業会社にいればマーケティングが理解できるからと思ったのです。

ここでの転職は難航しました。しかも在籍していた外資の広告代理店も日本の社長が失脚し、米国からネイティブの幹部がやってきて、言葉が通じない外人が上司です。

ここにはもう居場所はなくなるだろうと思い、活動するしかなかったという崖っぷちです。

正直、これでだめなら田舎に帰るしかないかもと思い詰めていました。

何社も受けつつ、8か月程転職エージェントの担当者の支えもあり、採用面談~採用試験を受けて、無事合格しマーケティングの宣伝部で事業会社のキャリアをスタートさせました。

今までは、制作サイドだったのに、電通や博報堂、ADK、JWT、大広、そしてGoogle、セプティーニ、サイバー、など大手の広告代理店との仕事もするクライアントの立場となったのです。

年収は倍になり、8桁に。

事業会社では、多くのブランドの仕事に関わり、売れずに死んでいくブランドをなんとか生き返らせたり、新ブランドのために企画書や戦略を作ったり、売れる商品を作り出したりと非常に面白い時間を過ごしていました。

事業会社はある意味ビジネスの仕事というものを教えてくれる所であり、ビジネスで大切な基礎を教わりました。

日本以外の国へも出張し、アジアや欧米などの国々を飛び回りマーケティングの仕事をしてきました。

常に調査データーから戦略を作り上げることも面白いものでした。

そんな楽しい時間を過ごしていたのですが、このままでいいのかという思いにかられました。やはりブランドは会社のブランドです。自分のブランドではありません。

実は仕事でパワハラ上司に合い、5か月の休職になりました。6か月後には復帰し、実際に仕事も順調に復帰できたのですが、ある時に思ったのです。

なぜ、私はここにいて、なぜ私はここで仕事をしているのか。お金のため?生活のため?どうして私は生まれたのだろう?私が本当にやりたかったことはどんなこと・・

随分と悩みました。そうはいっても生活もありますから。順調だった生活から大きく舵をきるわけでら。ただこのまま10年経って時に何が残るのだろうと。

事業会社では社内政治がモノを言いますし、海外赴任しないと出世はありません。運よく管理職になることができたのですが、海外を飛び回り仕事をしても、昔みたいに楽しいという気持ちなどなく、何も感じなくなっていきました。

「人生でこれが私の仕事」「私はこれです」という仕事がしたい。自分史に残る仕事がしたい!したい!

新ブランドを立ち上げる仕事を目指す

オリーヴ - 広告代理店の仕事が楽しくてやっぱり幸せだから辞められない!
オリーヴ
よし、転職しよう

そう思い立ち、転職エージェントに申込しいくつの面談や筆記テストを受けて、転職活動を行いました。なかなか希望の会社がなく、一度ベンチャーの広告代理店に転職。

そして、さらに転職。

ついに、アパレルの会社のマーケティング職を得ることができました。

自分のブランドを立ち上げて、広告宣伝をして仕事がしたいと思ってから2年が経過しましたが、やっと到達することができました。

これで、いままでの自分の仕事の経験を全て注ぎ込むことができる仕事です。

転職エージェントの方には、「また転職」と思われた担当の方もいらっしゃいましたが、快く応援してくださった方もいます。

そんな経験をしたからこそ、自分の人生を自分で築き上げることで後悔のない人生を送って欲しいと思い、このサイトを立ち上げることにしました。

仕事と人生はイコール。戦略思考で、絶対に人生を諦めない。

どんな状況でも、何歳でも「人生を諦めない」、コロナ禍で辛い状況の方もいらっしゃるかもしれません。ブラック企業で先が見えず抜け出したいと思う方もいらっしゃるでしょう。

オリーヴのキャリアも決して楽だったわけではなく、むしろずーっとブラックで超残業魔で、つらい人間関係の時期もあり、パワハラにも合い、会社で評価されない時期もあったのですが乗り越えてきました。

キャリアを積み上げてステップアップする、ポジションを獲得していくことはそれは大変なことです。大企業では特にそうでした。

でも自分のキャリアをどういう戦略で突き進んでいくのか。しっかり考えれば戦術もみえてきます。

これからも夢を追いかけたいという情熱でキャリアを形成し、転職~起業を目指す場合、転職しやすいスキルと味方を武器にする必要があるのです。

スキルは常に磨き、味方とは知人のコネと転職を支援してくれる人やツールです。これの武器を使わない手はありません。

キャリア形成に関しては別記事でご紹介しますね。

やはり、広告は楽しい仕事です。

なぜならば、お客様の声や行動を学ぶことができるのですから。お客様が喜んでる笑顔を仕事を通してみることができたのは、人生で最高の幸せだと思います。

そして、集客とセールスができれば食いっぱぐれることはありません。

当サイトで広告代理店へ転職したい方、広告代理店から他の仕事に転職したい方。を心から応援しています。未経験でマーケや広告運用を学びたい方からのお問合せもお待ちしています。

当サイトのポリシー

私のポリシーは好きな仕事で幸せになることです。好きな場所、自分に合う仕事、お金のこと、人間関係など、働く職種は違っても人にはそれぞれ選ぶ基準があります。だから、読者の皆さんの基準で仕事で幸せな選択をして欲しい。という願いを持っています。

オリーヴ - 広告代理店の仕事が楽しくてやっぱり幸せだから辞められない!
オリーヴ
よい記事がお届けできるよう、皆さんからのお声もお待ちしています。