JR東日本企画

Jeki・ジェーキ(JR東日本企画)で働くメリットとは

スクリーンショット 2021 01 26 15.26.39 1280x720 - Jeki・ジェーキ(JR東日本企画)で働くメリットとは
同僚イラストし - Jeki・ジェーキ(JR東日本企画)で働くメリットとは
人事部同僚
今日は、ハウスエージェンシーJR東日本企画(Jeki ジェーキ)についてヒアリングをしましたのでご紹介します、ジェーキって呼ぶとかっこいいですね

JR東日本企画(Jeki ジェーキ)の歴史とは

オリーヴバナー - Jeki・ジェーキ(JR東日本企画)で働くメリットとは
オリーヴ
代表的な ハウスエージェンシーは↓こちらをチェックしてね 

 

 

JR東日本企画(Jeki ジェーキ)の広告の誕生

国鉄の分割民営化によって1987年4月にジェイアール東日本(東日本旅客鉄道)が発足した翌年(1988年)5月に戦略子会社の第1号としてJR東日本(jeki、当時は通称J企)は生まれました。

当初は千代田区の麹町にありましたが、現在はJR恵比寿駅に隣接したJR恵比寿ビルに入っています。電通のような受付がないので誰でも簡単に入れます。

先ず、JRの広告業務を簡単にお話しすると、それまで国鉄の広告は東京メディア・サービス(通称東メ)が媒体の管理をし、東鉄広告協同組合に加盟している広告代理店が車内や駅構内の広告を入れるシステムになっていました。

 

組合の扱う区分けは旧国鉄の鉄道管理局単位に分かれていて、東京は東鉄、総武線の両国より東は千葉鉄広告協同組合が扱っていました。

 

この組合の専務理事や常務理事のポストは旧国鉄から来た人が代々勤め、国鉄との関係を繋いでいました。

基本的に各鉄道の広告は国鉄に限らず私鉄でも各々の組合に入っていない代理店は扱うことが出来ないシステムで、入るためには組合員の推薦が必要。理事会の承認を得て出資金を払い、加入する決まりになっていました。

そのため大手代理店でも組合員の会社を通さなくては広告を扱えないシステムで、今でもハウスエージェンシーのない私鉄(西武や東武など)ではこの方法が続いています。

 

ジェイアール東日本の発足によって、東鉄広告協同組合は解散。JR東日本の広告はハウスエージェンシーであるjekiを通して扱うシステムに変わりました。

媒体の管理もその後に東京メディア・サービスからJR東日本企画(jeki)に移管されて一元管理されるようになり、あっという間にJRの子会社の中でもトップクラスの営業収益を上げる会社に成長しました。

ただし、今はJRが出資しているUQモバイルが大きな利益を上げているので、jekiは2番目になっています。

ハウスエージェンシーのJR東日本企画(Jeki ジェーキ)

JR東日本企画(jeki)は、JR東日本を100%株主に持つハウスエージェンシー。またJR東日本企画(jeki)は、広告代理店と媒体社が一体となった、ユニークな広告会社です。

実際のところは、JR東日本以外のクライアントも多数請け負っているのです。そして、大手3社電通、博報堂、ADKの次のランクに位置する存在感があります。

駅構内、電車内の交通広告を強みにした媒体社としての機能色も強くその存在感は業界でも大きい。近年は、デジタルサイネージなどの動画広告は顕著に伸長しいるので取扱額も増加傾向です。ハウスエージェンシーでありつつも、媒体社として進化をし続けている

アニメのポケモンの代理店でもあり、ここ数年はポケモンスタンプラリーやポケモンパン、マクドナルドの第一屋製パンなどを企画運営している。進撃の巨人や君の名はなど、多数の映画制作にも関わっている。

鉄道プロパティーを活用したキャラクターコンテンツも展開し、顕著に伸長しています。

 

JR東日本企画(jeki)には営業局があるので広告主に直接営業する一方で、代理店が持ってきた企画を吸い上げて共同で媒体化すると言ったケースも増えました。

発足当初の職員は旧国鉄の出向組が多く、広告のノウハウの分からない人も多かったのですが、その反面JRとの強いパイプがあります。

JRの資産である媒体を使った収益のあげられるような企画には協力的で、JR東日本企画(jeki)が出来て以来それまでなかった駅構内でのイベントやエキナカでのキャンペーン、駅ビルとの共同による広告企画が急激に増えていたのは事実です。

 

JR東日本企画(Jeki ジェーキ)の資本力

JR東日本企画(jeki)は、構内や車内の文字広告を扱っていたコンピュートニュースを吸収したことで、大資本がなくては出来ない駅や車内の映像広告が一気に進み、広告が看板・ポスターから「トレインチャンネル」や「J・ADビジョン」などの静止画・映像(デジタルサイネージ)が一気に進んで行きました。

更に「ポケモン」を皮切りにテレビ東京系のアニメを中心にしたキャラクタービジネスにも進出し、事業収益の一翼を担うようになり、今では映画も扱う一つの部門になっています。

CM制作でも「JR SKISKI」に始まり、吉永小百合を起用した「大人の休日倶楽部」が話題になり、賞も受賞したことから、クリエイティブ面でも実績を上げていきました。

更にSUICAの導入にも当初から参加し、データを活用したマーケティングビジネス、交通媒体以外のコンテンツビジネスにも進出。

また、移動者のマーケティング調査を行う「1万人調査」など広告代理店としての地位も固め、今では電通、博報堂、ADKに次ぐ第4位の規模に成長しています。新卒の人気企業ランキングでも常に上位にランクされ、就活でのランクでも上昇しています。

 

JR東日本企画(Jeki ジェーキ)にはどんな職種があるのか

JR東日本企画(jeki)の職種は大きく分けて営業系、マーケティング系、企画系、コーポレート系の4つに分けられます。JRの子会社とは言ってもJR東日本企画(jeki)は総合広告代理店ですからマス媒体も扱っています。

従来のように看板とポスターだけでなく、JRの企業広告が主ですが、CMなどの映像も手掛けています。媒体の主力は交通メディアですが、近年は映像を流すデジタルメディアも一つのジャンルになっています。

JR東日本の仕事は本社ばかりでなく、JR東日本の主要拠点に支社を置き、それ以外にも中部や関西にも支社があります。仕事の多くは営業になりますが、デジタルコンテンツなどの企画やクリエイティブの分野にも多くの仕事があります。

特に今はデジタルマーケティングに力を入れています。更にアニメを中心にしたキャラクタービジネスも大きな柱のひとつになっていて、ゲームの企画まで行っています。

JR東日本企画(jeki)は新卒採用で総合職入社の場合は、営業ばかりでなく、企画やコンテンツビジネスの方向に進むことも可能です。

このほかにもクリエイティブ系の専門職採用ならば、デザインやデジタル、映像部門の仕事に就くことも可能です。

JR東日本企画(jeki)が募集する職種

 

  • 営業部門(本社) 恵比寿
  • 営業部門(支店) 青森、秋田、盛岡、仙台、福島、高崎、水戸、千葉、金沢、新潟、長野 中部支社 営業担当、メディア担当(マスメディア・OOH)
  • 関西支社 営業担当、メディア担当(マスメディア・OOH)、ストラテジップ       ランナー
  • ソーシャルビジネス(地域創生・復興事業・インバウンド)
  • ストラテジックプランナー(戦略立案)
  • リサーチャー (ビッグデータ分析)
  • プロモーション (SP・イベント企画)
  • 建築内装 (設計・デザイン・施工管理、建築士・建築デザイナー)
  • デジタル担当(プランナー、DMP担当、WEB広告運用)
  • メディア担当(テレビ担当、雑誌担当、OOH担当)
  • 交通広告媒体担当(車内・駅等の交通広告、デジタルサイネージ)
  • コンテンツビジネス(キャラクター、映画)
  • クリエイティブ(アートディレクター、コピーライター)
  • 経営企画(新規事業開発・海外事業・M&A・投資、出資マネジメント)
  • 情報システム(社内SE、情報セキュリティ、ISMS)
  • 経理(経理、財務、会計)
  • 人事(人事制度・評価、採用、人材開発、労務)

 

JR東日本企画(Jeki ジェーキ)の部署や組織は?

JR東日本企画(jeki)の組織は、交通媒体だけを扱う広告代理店ではないため、デジタル、営業、交通媒体、メディア・コンテンツ、企画制作の5つの本部があり、その下にデジタル本部ならば、新規事業を推進するjeki-X、JR東日本デジタル推進局(営業推進部、デジタルプランニング部、データマーケティング部)、デジタルソリューション局(ソリューション1部、2部、3部)、があり、そこに管理統括室が加わります。

営業本部の下にはJR局はじめ営業第1~第6局、ソーシャルビジネス開発局があります。交通媒体本部の下には交通媒体局、デジタルサイネージ推進センター、データ・デジタル推進室があります。

また、メディア・コンテンツ本部の下にはOOHメディア局、メディア局、コンテンツビジネス局、メディアマーケティングセンターがあります。

更に企画制作本部の下には駅消費研究センター、エクスペリエンシャル・プロモーション局、コミュニケーション・プランニング局、クリエイティブ局があります。

そのほかにコーポレート部門の経理局、CSR局、総務局があります。

 

この本社機能とは別に高崎、水戸、千葉、仙台(山形、福島営業所)、盛岡(青森営業所)、秋田、新潟、長野の支店に加え、中部支社、関西支社(京都営業所)、更に札幌営業所、北陸営業所があります。

なお、ポスター、サインボードなどの掲出、撤去、メンテナンスといった管理業務は、JR東日本メディア(旧東京メディア・サービス)が行っています。

JR東日本企画(Jeki ジェーキ)のメリット

JR東日本企画(jeki)は広告代理店でありながら、媒体社という独自の事業を持つハウスエージェンシーですから、ジェーキーの強みは、駅や電車、駅ビル、KIOSK、Suicaなど、JR東日本グループが保有する膨大な立地を活用した媒体利用です。

交通機関には多くの人が集まりますから、顧客との接点として活用することで、すべてを広告メディアとして活用できることが最大のメリットです。

毎日、多くの人が行き交うコンタクトポイントとして、自分たちのアイデアでどのようにも使うことができます。

JR東日本企画(Jeki ジェーキ)のデメリット

JR東日本企画(jeki)の親会社が鉄道会社であること、また独自の媒体を持っていることと、そして、総合広告代理店の仕事面もあるのでデメリットはあまり少ないと言えます。

店舗開発や地域創生などの仕事にも関われるので、電通や博報堂と同じような仕事ができます。とはいえ、やはり規模でいえば、オリンピックや大手企業の広告をメインで行っていないのも事実です。

安定志向の人には最適な環境ですが、ベンチャーマインドの高い人には物足りなさを感じるのがデメリットと言えそうです。

JR東日本企画(Jeki ジェーキ)の年収

JR東日本企画(jeki)の年収は、30代で600万円~800万円といったところです。新卒入社とキャリア入社では年収の上がり方も違ってきます。

半期ごとに人事評価があり、7月と12月に賞与の支給があります。

労働時間

JR東日本企画(jeki)に限らずこれはどこの会社にも言えることですが、ワークライフバランス重視派と遅くまで働いて小遣い稼ぎをする派に分かれます。

裁量労働制をとっていますので、目標数字の達成と新規クライアントを獲得できていれば労働時間を気にする問題ありません。

福利厚生

住宅補助が2万円ほど支給されています。

JR東日本企画(Jeki ジェーキ)のやりがい

  1. 交通広告の新しい施策の企画提案
  2. WEBコミニュケーション企画の拡充
  3. コンテンツビジネスの躍進
  4. 媒体社としての強い企画力
  5. 地域創生事業展開

JR東日本企画(jeki)は、鉄道による移動で日本国内の地域ネットワークを生かした、産地の食材、伝統文化、観光タイアップなどあらゆる生活同線を生かしたプロモーション展開を得意です。

また国内のみならず、海外バイヤーに対し積極的な誘致や商品企画提案を行っています。そのためインバウンドを利用したグローバル展開をのもと、ショッピングモール提案、車両輸出などありとあらゆる新規ビジネスを率先して推進。

そういった意味でも、成長意欲ややりがいがあれば若くても裁量権を委ねてもらえる環境が整っています。

JR東日本企画(Jeki ジェーキ)の働きやすさ

  1. JR東日本、JR東日本グループで安定した仕事ができる
  2. 安定した財務力
  3. 媒体力による安定した収益
  4. 常識的な人材が多く、安心・安全を第一とする

大手JR東日本であるが故に、ブランド力は強く安心して働くことができます。また電博とは年収的には差が生じるが、媒体社として強みを生かすことができるので電博にはないブランドステータスを持つことができます。

財源も豊富であり、TVのマス広告が下落している中、TV重視の電博とが違い安定した売り上げを見込むことができます。

 

JR東日本企画(jeki ジェーキ)の社員の悩みって?

JR東日本企画(jeki)では、入社1年目で慣れない仕事で苦労しないよう、出来るだけ得意な分野で個性を発揮できるようなファーストキャリア採用を取り入れています。

JR東日本企画(jeki)の発足時にJRから出向してきた職員に従来やってた仕事やそれに近い職種に移れるようにした配置した経験が生かされているのかもしれません。

ただし当初は社員数も少なかったことから、営業は一人で多くの仕事をこなさなければいけない時期があったと言います。他の代理店の営業はベテラン揃いですから苦労したようですが、知識のある人の力を借りて何とかこなしたという話を聞いたことがあります。

また、クリエイティブを社内ではなく外注しているケースも多く、魅力を失くしてしまった社員もいると聞きます。また、風通しは悪くないけれど年功序列が強く、若い社員には不評のようで、特に革新的なことをしようとしても上手くいかないことがあるようです。

また、本社と支店のギャップが大きいという意見も多くあります。ただし、女性には働きやすい職場だという意見も多く、産休後に復帰社員も多く、新しい仕組みを取り入れているのも事実です。

 

JR東日本企画(jeki ジェーキ)のクライアント

 

JR東日本企画(jeki)はJR東日本の100%子会社ですから、JR東日本の所有する資産やインフラ、設備、コンテンツなどを有効に利用して広告事業を展開するのが主な仕事です。ですから、JR東日本の展開する事業の広告はJR東日本企画(jeki)が行っています。

テレビCMで見かける大人の休日倶楽部をはじめとするJR東日本グループの企業広告を扱っています。

それ以外の企業広告は、他の代理店が入っている場合が多く、企画を持ち込む広告代理店が事実上のクライアントになります。

ただし、媒体を持っているのはハウスエージェンシーであるJR東日本企画(jeki)ですから、新規の媒体を開発した場合は代理店に広告の依頼をしたり、JR東日本企画(jeki)が機器メーカーなどと共同で媒体を開発した場合などは、メーカーにクライアントの依頼をするケースもあるようで、富士通が導入した映像機器などに広告を出していたこともあります。

JR東日本企画(jeki ジェーキ)人間関係や風土

広告代理店は大手でも中小でも保守的な会社が多いのは事実です。特に中小や中堅の代理店は一族系の会社が多いこともあり思った以上に保守的です。

JR東日本企画(jeki)も例外ではなく、JR東日本の100%子会社と言うこともあって、保守的な風土が各所にあります。特に管理職にJRからの出向者が多く、給与体系も違い、役職も上になることが多いのが事実で、生え抜きの社員が社長や役員になるこのない会社です。

 

JRからの出向社員が多い一方で、生え抜き社員のJRへの出向はありません。発足当初はどうしてこの人が部長なの? と言うことを感じた人もあったようです。

今では体質も変わってきましたが、いい意味でも悪い意味でも、どうしてこんな人がこのポストにいるの? と言うくらい出向者が多く、JRとの関係で立ち位置の難しい会社でもあります。

 

JR 東日本が親会社ですらとても安定した会社であるのは間違いない一方で、JRの影響力が大きい会社であることを理解していないといけません。

今では大手総合広告代理店ですが、そうは言ってもJRの子会社です。自由な発想で奇抜なことをやりたいと言った人には、この会社の風土にはなじめないかもしれません。

とにかく慎重で一か八かのような決断は決してしない、石橋をたたいても簡単には渡らない会社と思った方がいいです。

 

JR東日本企画(jeki ジェーキ)の勤務地

JR東日本企画(Jeki)の発足9年目の1997年10月に麹町のクリスタルビルから現在のJR恵比寿ビルに移転しました。殆んどの部門の勤務地は本社のある恵比寿ですが、支社や支店、営業所の勤務になれば、青森、秋田、盛岡、仙台、福島、高崎、水戸、千葉、金沢、新潟、長野のほか、名古屋、大阪、京都、更に札幌、金沢の勤務になります。

 

JR東日本企画(jeki ジェーキ)の異動・転勤・定年は?

JR東日本企画(jeki)正社員で営業だと支店などへの転勤が考えられます。ただ、基本的に専門職の多い職種ですから異動はほとんどないと言っていいでしょう。

特に契約社員の場合異動はありません。給与も悪くない方ですから、65歳の定年まで働く人が多い企業です。ただし、60歳を超えると給与がかなり減るので、その前が辞め時なのかもしれません。中には、全く違った仕事を始めたり、取引先の広告代理店に契約や嘱託などの形で転職する人もいます。

JR東日本企画(Jeki ジェーキ)最近のトピックス情報

JR東日本企画(Jeki)交通広告は紙と看板と言った時代からデジタルや映像の時代に変わり、次第に車内や駅からポスターの数が減っていきました。いずれは、車内から紙のポスターを無くすというのがJRの目標だと言います。

車内広告の全てが映像に変わると瞬時に広告を切り替えることが可能になり、駅に着く前に周辺の情報をピンポイントで流すことが可能になり、その取り組みを時代に先駆けてJR東日本企画(Jeki)が実験しています。

また、電車で移動する個人に合わせた情報も場所に合わせてもスマホに送信することも可能になり、デジタル化によって交通広告も変わってきました。

今ではJR東日本企画(Jeki)がスマホのゲーム「トレすごタウン」の提案もしている時代です。

 

JR東日本企画(Jeki)が今後のプロジェクトとして取り組んでいくのがデジタルサイネージ事業の提案です。

このプロジェクトにデジタルサイネージという言葉がなかった時代から取り組んでいるのが、現在デジタルサイネージ推進センター長になっている山本孝氏(入社はJR東日本でJR東日本企画(Jeki)には出向の形で入ってきた方)です。

この記事を書いている私もかつてSUICAの技術を始め将来の姿を山本氏に質問して新技術の解説をして頂いたことを記憶しています。

日々進化していく交通広告の更に一歩も二歩も進んだ未来ビジョンを考え、それを実現させたいと思っている方、是非Jekiでその夢を実現させてみてはいかがでしょう。

 

JR東日本企画(jeki ジェーキ)への転職難易度

JR東日本企画(jeki)も人気業種の広告代理店なので、新卒での難易度はかなり高く、国公立大学や有名私立大学からの入社がほとんどです。

採用実績は毎年25人程度で倍率は公開していませんが、同じ程度代理店と比較すると60倍程度の倍率ではないでしょうか? 特に総合職は狭き門です。他のハウスエージェンシーでも言えますが、電鉄系は本体からの出向者が多いので、その分採用が少なくなります。

 

転職については営業系や企画系の募集をし、随時採用をしています。ただし、非公開の場合もあるので、就職エージェントに相談することをお勧めします。

クリエイティブ系は新卒で美大などから入社するケースもありますが、転職は少ないようです。採用しているのは広告の営業が主で、実績のある経験者がほとんどです。

 

中途採用は契約社員と言うことになりますが、待遇は特に低いということはありません。正社員へ登用するケースもあります。

実績のある経験者ばかりでなく、未経験から正社員になったというケースも中にはあります。採用になるには企業をよく知ることが重要ですから、企業研究をして面接できちんと話せるくらいの知識が必要です。

 

 

JR東日本企画(Jeki ジェーキ)への転職は?

JR東日本企画(jeki)は、新しいビジネス領域を拡張しているため、自立したリーダー格が人材として求められています。興味や熱意があることはもちろんですが、一歩先行くような課題解決型のソリューションなど、クライアントに最善策を提案できる存在感が求められる。

JR東日本企画(Jeki)では、今ではキャリア採用を実施している企業がほとんどです。電通、博報堂も例外ではなく、第2新卒や中途採用を行っています。

景気が悪い時期は、新卒採用はジェネレーションを維持するための少数人に留めますが、キャリア採用はその都度補充していくのが今の企業です。

同僚イラストし - Jeki・ジェーキ(JR東日本企画)で働くメリットとは
人事部同僚
収益力の高い業務も多いため、ビジネスセンスも身に付きますね

 

JR東日本企画(Jeki)に転職したいと考える人は、「ハウスエージェンシーに入りたい」「電鉄系のハウスエージェンシーがいい」「総合広告代理店が志望」と言うことになると思います。

ハウスならば同列なのが東急エージェンシー、トヨタ自動車グループのデルフィス、三菱電機グループのアイプラネットなどがあげられます。

電鉄系ならば東急のほかにも「京王エージェンシー」「小田急エージェンシー」「京急エンタープライズ」「メトロアドエージェンシー」があります。

 

総合広告代理店ならば、電通、博報堂以外にもADKや大広、読広、朝日広告社などがリストに上がるでしょう。就職エージェントに相談して自分に合った企業を決めるのが将来のために重要でしょう。

 

・総合広告代理店からば、こちらの記事もチェック

【比較】広告代理店の電通・博報堂・ADKの違いは?年収・やりがい・働きやすさ

 

 

 

JR東日本企画(Jeki ジェーキ)への転職はアプリ診断がおすすめ

 

ハウスエージェンシーのJR東日本企画(Jeki)に転職したい、もしくはマッチするか知りたい人は、一度求人サイトの無料診断を受けてみることで適正を測定することができます。

スマホから手軽にできる、コンピテンシー診断。あなたの職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、ビジネスマンとしてのあなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できます。

まずはアプリで適性チェックを受けてみることをオススメします。登録は無料です。

 

7350 1545132719 3 - Jeki・ジェーキ(JR東日本企画)で働くメリットとは

まとめ

同僚イラストし - Jeki・ジェーキ(JR東日本企画)で働くメリットとは
人事部同僚
JR東日本は独自の強みがあるので、転職先としてはとってもおススメです
オリーヴバナー - Jeki・ジェーキ(JR東日本企画)で働くメリットとは
オリーヴ
転職組も多いですね

コロナ禍で広告業界が厳しい厳しい状況に陥ることが予想されますが、ハウスエージェンシーは比較的親会社が大手であるが故に安心して働くことができます。

鉄道系のハウスエージェンシーは安定した業績と媒体特性を生かした強みのある企業ですので、転職を検討する候補としは優良企業と言えるでしょう。

 

失敗しない転職には親身なエージェント獲得が最善策

同僚リスティング★ - Jeki・ジェーキ(JR東日本企画)で働くメリットとは
Web部デジオ
転職するには、まずはエージェントに登録して有利に転職を進めましょう。4〜5社は最低限登録しておき、良い情報を手に入れましょう

 

 

マイナビは案件数が豊富ですので、まずは登録をしておきましょう。

 

パソナならサポートが手厚いので、まずは登録をしてみましょう。

bgt?aid=201209323405&wid=002&eno=01&mid=s00000016834001007000&mc=1 - Jeki・ジェーキ(JR東日本企画)で働くメリットとは

 

JACリクルートメントは広告会社に豊富な案件がありますので、まずは登録をしてみましょう。

6570 1410480981 3 - Jeki・ジェーキ(JR東日本企画)で働くメリットとは

 

Dodaなら自動で条件に適した案件を送ってくれるので、忙しい転職活動も効率よく実施できます。

1523 1569171056 3 - Jeki・ジェーキ(JR東日本企画)で働くメリットとはv377866R - Jeki・ジェーキ(JR東日本企画)で働くメリットとは

アージズジャパンは案件数が多いので、まずは登録をしてみましょう。

11851 1594888917 3 - Jeki・ジェーキ(JR東日本企画)で働くメリットとは