【比較】電通・博報堂・ADK

【比較】広告代理店の電通・博報堂・ADKの違いは?年収・やりがい・働きやすさ

iStock 933321110 1254x720 - 【比較】広告代理店の電通・博報堂・ADKの違いは?年収・やりがい・働きやすさ
オリーヴバナー - 【比較】広告代理店の電通・博報堂・ADKの違いは?年収・やりがい・働きやすさ
オリーヴ
こんにちは、オリーヴです
同僚イラストし - 【比較】広告代理店の電通・博報堂・ADKの違いは?年収・やりがい・働きやすさ
人事部同僚
今日は電通と博報堂とADKについてです

サラリーマンの平均年収

平均年収 約400万円程度

日本では、20代前半で300万円、20代後半で400万円、30代前半で500万円、30代後半で590万円、と年齢を重ねるごとに上昇していき、50代前半で700万円程度の年収とのこと。実際には、380万〜400万ぐらいとみていいでしょう。

広告代理店の平均年収は?

広告代理店の年収は代理店の種類や規模によって様々ですが、一般の業種よりは、広告業界は全体的に年収は高めです。宣伝物を企画する、創作する、実際に作業するという工程作業が発生しまうので、時間もかかり、夜も遅くなりがちです。

能力と費やした時間を考えると、高めの設定にはなりますね。

広告代理店の平均575〜675万円

広告代理店の平均年収ですが、広告業界と言っても何千社とあり、実際は大部分が中小企業です。よって平均年収は約575万〜675万円とみることができます。※参照:国税庁の企業規模別の平均給与

確かに、広告代理店は、一般の企業よりも高めであると言えるでしょう。

では、大手広告代理店は、どのぐらいの年収なのでしょうか?

広告代理店の電通・博報堂・ADKの年収比較

●年収(平均)は、どのぐらいの年収を得ているのでしょうか? ※定性ランキング調べ

  1. 1位 電通 1273万円
  2. 2位 博報堂DYホールディングス 1089万円
  3. 3位 ADK 712万円
  4. 4位 サイバーエージェント 709万円
  5. 5位 テー・オー・ダブリュー 671万円

やはり、1位は電通、2位は博報堂です。この2社と3位以下の広告代理店とでは、大きな開きがあります。

電通・博報堂・ADKの年収比較

電通・博報堂・ADKの3社について、社員の口コミデータを元にまとめてみました。

広告代理店 電通の年収

新卒入社であれば、20代はそれほど高くありませんが、電通の魅力は残業代が別になっていること。働いた分だけ基本給に残業がプラスされることで月給が大きくアップ。人によって差がでるのは、残業が多いので年収が増加するということ。

20代後半に近くと1,000万に到達するようです。さらに40代後半から1,500万前後に近づくいきます。

電通の福利厚生・家賃補助が手厚い

  1. 家族手当
  2. 家賃補助(転勤組)
  3. 営業手当
  4. 地域手当

家族構成や部署によっても違いますが、福利厚生で月10万ととても手厚いく、家族もちにはありがたい福利厚生です。

大手の電通は待遇や年収はかなり良いと言えるでしょう。

広告代理店 博報堂の年収

20代であれば、3年目までは残業代が支給される。4年目30代で1000万円を超える、40代前半で1200万〜1300万円。部長クラスであれば、1400円以上に到達できるようになります。

博報堂 福利厚生

  1. 住宅手当なし
  2. 転勤時に住宅補助あり
  3. 大手不動産の連携あり

電通よりは、手厚いとは言い難いのかもしれませんが、業界No.2だけの制度はきちんとあります。

広告代理店 ADKの年収

業界No.3のADKですが、20代30代で1,000万円を超えることは厳しそうです。600万〜700万には到達しますので、業界平均よりは高いことには間違いありません。

ADKの福利厚生

あまり十分ではないと言う声が多いですね。

電通・博報堂・ADKの口コミ比較

大手広告代理店 年収・評価の比較  ※口コミ調べ

電通 博報堂 ADK
年収
  • 基本給+残業代
  • ボーナス2回
  • 一部、能力給あり
  • 年棒制
  • 4年目から裁量労働制
  • ボーナス1回
  • 決算賞与(未確定)
  • 基本給
  • 3年目まで残業代
  • ボーナス年2回
  • 業績連動年1回
  • 決算賞与(未確定)
評価
  • 個人査定あり
  • 年功序列強い
  • ミドルから実力主義
  • 基本給に起因する評価が追加された
  • 評価の差がつきにくい
  • 半期に一度評価
  • 個人査定と業績
  • 年功序列強い
  • 評価の差がつきにくいとも
  • 中堅は残業なし
  • 年3回評価
  • 評価は公平
  • 評価は7段階
  • 半期に一度評価
  • 実力主義
年次(ランク) 6段階 給与テーブル詳細に設定 8段階
福利厚生 手厚さ ◎ 手厚さ ○
モチベート要因
  • マスの醍醐味
  • スケールが大きい仕事
  • オリンピック
  • デジタルの変革期
  • コンペで勝てば
  • マスの醍醐味
  • デジタルの変革期
  • コンペで勝てば
  • アニメ好きなら
  • マスも限定的
  • デジタルに注力中
  • コンペで勝てば
今後は? 20代は残業代で差がつくが、ミドル・シニアは実力。成果主義的なモデルへ変革中 20代途中で残業代がなくなる。優秀な人は独立する傾向が強い。特に、クリエイティブ 30代で電博と差がついてしまうが、決算賞与で潤うこともある。
契約社員から正社員への道
  • 実績次第
  • 試験あり
  • 任期満了で終了
  • 狭き門
  • 任期満了で終了
  • 狭き門

代理店にはそれぞれ会社の指標があり、それによって年収・評価・制度が違っています。制度は半期ごとにアップデートされていて、より個人の能力を重視する傾向になっています。

昨今のデジタル化により、業務改革も行われもっと個人評価を充実させようという動きがあるようです。

電通の特徴とは

  1. TV局との強固な繋がりと媒体力
  2. 買収やM&Aで力業を使う
  3. デジタル人材強化中
  4. 縁故採用が多い
  5. 高学歴が多い
  6. 大企業や大きな仕事を多い
  7. 真面目な風土
  8. リサーチ力高い
  9. 海外に強い

電通が強い理由は、なんといってもTVとの繋がりが一番です。日本のTVの媒体費は電通で買った方が効率が良いとなりがち。

昨今の激しい世の中の動きに合わせ、自社の中でだけで成長させるのが厳しいと判断し、直ぐお金で会社を買って吸収させる王者の戦略。できるからすごい。

デジタル分野も乗り遅れないように、デジタル人材からの転職者を強固に募っている。ここチャンスあるから。

社内を歩けば、有名人、政治家、会社経営者、資産家、芸能人、スポーツ選手の娘、息子がやたら多い。結局仕事は人脈ネットワークだから、電話一本で話が通じてコンタクトが取れると強いのでしょう。

京都大学、東京大学の国立トップの大学出身者、早慶も多く出世している部長クラスは、やはり有名大学出身かな。

国内広告市場におけるシェアは27.7%で第1位。お国のいち大事業である「東京オリンピック・パラリンピック」も専門の広告代理店として、担当している。

余談だけど、局にはいろいろあって、細かなところで何をしているのかわからないなーんて部署もある。他の代理店から転職し使用期間を経て、試験を受けて合格すると晴れて正社員になった人もいたな。

全体的には、真面目な人が多いのが印象で、オリエンやプレゼンには大勢で押し掛ける。

リサーチ部門は優秀で、説得力のあるデータを根拠にしてプレゼンするので、企画が採用されることが多い。

2013年のイギリス系広告代理店イージスの買収も世界中に拠点を置くグローバル企業。仕事の成果主義が少なからず影響を受けている。売上の海外比率は54%

電通のやりがい・働きやすさ

  1. 先輩たちの面倒見がいい
  2. 若いうちから裁量が与えられる
  3. 大きな仕事で刺激が多い
  4. 業界No.1の醍醐味がある
  5. 世の中に影響を与える仕事ができる
  6. 成長意欲が刺激される
  7. MBA制度もある

やはり、電通は最大手の広告代理店なので、色々なことにチャンレンジできる魅力があり、やる気次第でできないことはないと言う声が多いですね。

博報堂の特徴とは

  1. 高学歴な人が多い
  2. クリエイティブのH
  3. 個性的で癖のある人
  4. クリエイティブで優秀な人は、独立や起業する人が多い
  5. 泥臭い所もある
  6. マクロやトレンド予測も豊富
  7. 海外が弱い

業界2位だけど、やはり高学歴者が多いわね。

そのギャップなんだけど、個性的な人も多くて服装からびっくりすることも。

クリエイティブの博報堂と言われるぐらい、営業の言うことを聞かない人も多い。「俺たちクリエイターだぜ。」という思考の人。伝説だったCD小沢さん筆頭に、大貫卓也さん、佐藤可士和さん、小霜和也さん、最近では、三浦崇宏さん、牧野圭太さんなど。

など、著名なクリエイターで、個性的な人が独立するケースが多い。

営業は比較的泥臭い人をよくみかける。生意気だったり、クレーム対応がうまくないと、営業としてやっていくのが厳しくなる。博報堂シニアビジネスフォース、未来総研、こそだて家族研究所など暮らしに密着したデータや研究も活発。

海外のネットワークが弱く、海外作業になると日本からスタッフが支援に出張することも。そこは課題ともいえるので、逆に仕事のチャンスがあるともいえる。

博報堂のやりがい・働きやすさ

  1. 独立する優秀な人が多い
  2. 消費者起点のマーケティングスキル、スキルを得るチャンス
  3. スケールの大きなしごとを任されやすい
  4. ビジネスの基本がしっかり身に付く
  5. 仕事も人も個性的な人が多く面白い
  6. 長期的な仕事ができる
  7. 企画力はダントツに力がつく

クリエイティブの博報堂と言われるだけあって、個性豊かで、面白い仕事、面白い人が大勢いる中で仕事できる喜びや達成感があるってことですね。

ADKの特徴とは

  1. ADKは1999年に旭通信社と第一企画が合併して誕生
  2. WPPと連携解消、外から優秀な経営陣
  3. アニメの会社
  4. 専門分野に特化したビジネス強化
  5. 温和で平和な人材

ADKは、旭通信社と第一企画が合併してできた会社である。当時は、一企と旭通のメンバーがなかなか馴染まずに仕事をしていた。

直近は、外部からの多くの人材がADKに加わり、電通からベインキャピタルに転じた稲田博樹さん。米証券大手メリルリンチからスマホゲーム大手のグリーを経て入社した秋山仁さん。電通で10年来デジタル戦略を手がけてきた大山俊哉氏が就任。

アサツーと言えば、アニメのイメージが強い。

実際に、TV番組のアニメ枠を強みにしているので、ドラえもん、クレヨンしんちゃん、仮面ライダー、ワンピースなどのキャラクター関連の仕事もしている。

専門分野に特化した自社での関連ビジネスにも徐々に注力、ABテストなどの独自手法を持つ「アブソルートワン」の子会社を設立。

性格は温和で優しい人が多いので、ギスギスした感じはしないし、新しい人材を積極的に採用しているので、チャンスも多いわね。

ADKも頑張っていることがわかりますね。

ADKのやりがい・働きやすさ

  1. 規模は電通・博報堂と遜色ない
  2. 若手の活躍フィールドが用意されている
  3. 転職してくる人も多い
  4. 仕組み改善を頻繁に行っている変革期
  5. キャリア開発は、4年目と7年目に用意されていている
  6. 電博とコンペで競いあう機会も多いので、実力を発揮しやすい環境

電通・博報堂でできないことが、ADKならできると思って転職する人も多い。活躍ステージ、自由裁量は大手の中でも十分ある。デジタルシフトがうまく連動できると魅力度がグッド増す会社ですね。

転職する場合の職種とは?

オリーヴバナー - 【比較】広告代理店の電通・博報堂・ADKの違いは?年収・やりがい・働きやすさ
オリーヴ
大手広告代理店で活躍するには、いくつかの職種で応募するかです

営業・ストプラ・マーケなら

  1. できる限り大きな仕事に関わる
  2. マーケティングの力をつける
  3. クライアントの目標数字を分解・解析できる
  4. KPI目標に対しアドバイスできる

クライアントは、数字目標を持ち、売上達成のために広告代理店に仕事をまかせます。ということは、数字で語れる、道筋を示せることができれば、クライアントの信頼を獲得できますね。

1、2にも数字を使って広告の案件の指標をまとめ、クライアントに説明ができ信頼されることでことです。

クリエイティブなら

  1. 賞をとることで、社内ポジションの確率
  2. クライアントに気に入られる

制作の醍醐味は、世の中を動かす広告を創造できる力がつくことです。ここまで到達できればどこに行っても仕事ができます。

また大きなクライアントではないけど、クライアントの指名がくることです。「○○さんにお願いしたい」となれば、営業も局内も評価をしてくれます。

そこまで到達するには、その事業会社の業界について知り尽くし、寝ても覚めても考え抜く力が必要になってきます。

クランアントの担当よりも熱心にブランドのことを熟知しアドバイスできる関係になれば、おそらくクライアントとは、10年級で仕事の付き合いができる関係になることもあります。

中には、クランアントのブランドマネージャーが代々変わっても、担当クリエイティブとして君臨し続けること人もいます。

自分が大手広告代理店のどの分野で活躍していけるのか、どんな能力を持っているのか、まずは強みを書き出して整理することからおススメします。

みんなが気になる広告代理店の年収についてヒアリングしてみました。やはり仕事をする上で年収は自己の市場価値とも言えるため気になりますね。

アプリの無料診断を受けてみる

異業種、広告代理店未経験だとしも、マーケティングのスキルは、広告代理店に取っては欲しい人材と言えます。

ただし、広告の企画や制作に対する理解や情熱は必要ですし、顧客のこころを掴む広告が好きという視点は必要になります。

スマホから手軽にできる、コンピテンシー診断。あなたの職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、ビジネスマンとしてのあなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できます。

まずはアプリで適性チェックを受けてみることをオススメします。登録は無料です。

7350 1545132719 3 - 【比較】広告代理店の電通・博報堂・ADKの違いは?年収・やりがい・働きやすさ

まとめ

同僚イラストし - 【比較】広告代理店の電通・博報堂・ADKの違いは?年収・やりがい・働きやすさ
人事部同僚
電通・博報堂・ADKの社内クチコミ比較でお届けしましたが、大手に拘って転職活動を行う場合は、正社員に拘らず契約社員からスタートする手段もあります。
オリーヴバナー - 【比較】広告代理店の電通・博報堂・ADKの違いは?年収・やりがい・働きやすさ
オリーヴ
確かに正社員の道は狭き門ですが、社内には成果を出して試験を受け正社員になった同僚もいます。そのためにもエージェントに登録してまめにチェックをしましょう

電通・博報堂・ADKの会社の年収・福利厚生など、やりがい・働きやすさなどを口コミ比較によってわかり易くしてみました。新卒、第二新卒、転職で少なからず募集はでていますので、どの職種で応募するのか募集内容をしっかり確認して応募しましょう。