外資広告代理店

外資広告代理店の仕事内容は?転職前に知っておこう

iStock 1244478468 1280x720 - 外資広告代理店の仕事内容は?転職前に知っておこう
オリーヴバナー - 外資広告代理店の仕事内容は?転職前に知っておこう
オリーヴ
こんにちは、オリーヴです。外資の広告代理店についてお伝えします
同僚リスティング★ - 外資広告代理店の仕事内容は?転職前に知っておこう
Web部デジオ
外資の広告代理店についてどこまで皆さん知っているでしょうか?
築地局長JPG - 外資広告代理店の仕事内容は?転職前に知っておこう
築地局長
世界的な巨大グループがあり、電通でも世界No.5の位置ですから、どんな会社があるのかまずは知って欲しいですね

今回は外資の広告代理店へに転職をを考えている人に良い転職をお伝えします。いい転職は、まずは情報収集から始まります。「実際転職したら、違った…」とならない為に、よく読んでくださいね。

 

 

 外資系広告会社には、どんな会社があるのか

外資系広告会社といっても、様々なケースがあります。

  • 海外の広告会社が日本支社・現地法人を設立して進出しているケース
  • 国内広告会社との合弁で会社を立ち上げているケース

知っておくべきことは、「メガエージェンシー」の傘下であるかどうかです

英・WPP、米・オムニコム、仏・ピュブリシス、米・インターパブリックを「4大メガエージェンシー」ですが、この傘下にある企業なのか独立系の企業なのかはきちんと理解しましょう。

過去、世界の広告会社が「4大メガエージェンシー」へと再編され集約していきましたので、世界の広告会社のモデルと日本会社の組織の違いをまずは理解しましょう。

欧米の広告会社は、メディアエージェンシーやクリエイティブエージェンシーなど専門に特化しています。日本の広告会社モデルは特殊とみることができます。巨大グループのメガエージェンシーは買収で、その時に足りない組織や能力を吸収させていくというやり方です。

結果として最終的に「巨大な4大メガエージェンシー」が誕生していきました。

電通をいれますと、「巨大な4大メガエージェンシー」+電通の合計5社が世界の広告会社売上の上位5位を占めている計算となりますので、いかに大きな組織であるかがわかるかと思います。

外資系広告会社の仕事の特徴は?

外資系広告会社の国内拠点になりますので、海外にある本社(欧米やアジア拠点、シンガポールオフィスが拠点になります)が決めた広告企画やキャンペーンを日本でアダプテーションし、日本人の感性やインサイトにマッチする作業が中心

海外で活躍するグローバルクライアントにはロジカルでフォーマットが確立したガイドラインが存在し自由度は少ないのが現状です。

アジアの一部である日本法人があれこれ口出せる余裕はあまりありません。しかし実際テストマーケティング市場になっている場合は、新しい企画を独自で考えたり、アジアのキャンペーンとして日本から配信することもまれにあります。

もちろん、クライアントがドメスティックの日本企業の場合には、日本中心でブランディングを始動させ、企画することもあります。いずれにしろ、クライアントの現状やアジアでの日本の立ち位置によっても異なってきます。

外資系広告会社で働くメリットは?

クライアントの規模が世界的に見て高いレベルであることが最大のメリットです。業種別でみても世界ランク上位の5位前後入るような大企業のブランディングやPRの仕事ができるため、誇りや、自信、やりがいを得ることができます。

もし日本で使用できる予算は少なくても、世界最先端のブランディング活動やデジタルテクノロジーを活用したクライアントを担当することは貴重な経験であり、今後のキャリアにおいて、PRの強みになると思います。

中途採用では、向いている人は?

国内と違い数字で明確な成果が求められます。よって、即戦力人材が重視されます。語学力レベルが高く、広告業界経験者を採用する傾向が強いです。

また中途採用はそれぞれのクライアントに合わせて行われるのが一般的。面接時からどのクライアントを担当するか、アカウント(営業)と業務内容が契約で決められています。なかなかチーム外に異動することはありません。

正社員、契約社員のどちらも雇用形態が用意されています、契約であったとしても評価次第で正社員になる人も実際は多いです。しかし、クライアントの仕事がなくなるとチームが解散となってしまう場合もあるのが外資の怖い所です。

また、入社時にリファレンスチェックや前職での推薦状などが一般的です。リファレンスチェック偽りがないかを確認すること、推薦状も前職の上司2名に依頼するのが一般的です。

まだ転職活動中で退社前であれば、内定前に今の上司に依頼することになるため難しい、転職活動分かってしまうため、難しいのではないでしょうか。転職エージェント経由の応募あれば調整もしてくれるので、スムーズに進行できるよう機転を利かせてくれます。

英語の語学力レベルは?

グローバルクライアント担当者であれば、ネイティブの英語力が求められます

国内クライアント担当の場合には、広告業界での経験が優先されます。英語力はその次となります。但し昇進を考えると語学力は必須ですし、アジア統括のヘッドと直接英語で話をする機会も多いでしょう。

また円滑な社内コミュニケーション行う上で、英語力の向上は必ずつけておきたい能力です。

応募する際前にやるべきこと

基本は英文のレジュメを求められますのでじゅんびしておきましょう。英語での面接、面接官が外国人というのもざらにあります。必ず準備して、面談に臨みましょう。

またジョブディスクリプション(職務記述書)をみて、仕事内容、守備範囲などしっかり確認することです。

担当のクライアントやアカウントの業務、役職やポジション、肩書、やるべき使命、求められるスキルなど、募集要項にしっかり記載されています。

内定のオファー時に気をつけることは?

ジョブディスクリプションはあくまで募集時の条です。内定で提示されたレターが最終的な条件です。そのレターは契約書形式となっていますので、まずは契約内容を注意して確認づること。労働条件もしっかり確認し、名刺で使う役職やポジションにより、求められるスキルレベルが違ってきます。きちんと自分のスキルに合致しているかも重要な確認ポイントです。

入社後は、契約書の記載内容に基づいて実績を評価。やるべきことがロジカルで明確に定められているのが外資系企業です。転職前にきちんとと内容を読んで理解しておくこと。

入社後の「こんなはずじゃなかった」というミスマッチを回避することが大事です。

外資の広告代理店はエリートが多い

実際、外資の広告代理店には、帰国子女や長期留学していた人材が多くいます。海外に対する抵抗もないため、外国人の上司や同僚となんの抵抗もなく仕事ができます。

当たり前ですが、通訳もいませんから、母国語なみに英語を話ます。

外資の社員の特徴は、転職を繰り返す

実際、外資の広告代理店の人材は、何度も転職を繰り返してきた優秀な人材が多い

上昇志向が強く、外資から外資へ転職してきた社員も多くいます。35歳までは転職することは、ステップアップの一つだと考えています。

それぞれの職務の特徴は?

職務によって、それぞれのやりがいが異なりますね。

  1. クリエイティブ 物を作ることが達成感
  2. マーケティング 戦略を作ることが達成感
  3. 営業      全体統括で稼ぐことが達成感

 

 

クリエイティブなら賞の獲得がやりがい

外資のクリエイティブは優秀な人材の宝庫です。グローバル企業の担当ですから、デザイン一つをとっても、国内の広告代理店よりも全体的にみてセンスがいい。

またクリエイティブならば、クリエイティブディレクターを目指しますが、一番獲得したいのは、やはり賞の獲得です。

例えば、年に一度審査されるカンヌの賞などです。若い時は、給与よりも賞を獲得したいというコピーライター、デザイナー、CMプランナーもいます。

またそれが最大のやりがいにもなっていますし、カンヌの賞を多く獲得するクリエイティターも多く存在します。

マーケなら、戦略立案がやりがい

マーケティング担当は、主にストプラと呼ばれるストラテジック部の戦略立案を担っています。広告で言うところの、コンセプトや全体シナリオの策定です。

外資には、男性だけではなく、女性で優秀なストプラ人材も豊富で、ほぼ全員が高学歴で留学していた経験者が多い印象です。

頭脳が抜群ですから、企画の骨子の立案もサクサクと作業を進行でき、大きなプロジェクトを動かす醍醐味も感じているようです。

営業なら、IMCがやりがい

IMCインテグレーテッド・マーケティング・コミュニケーションとは、制作物の全てを統括するもの。ブランドのキャンペーンを一元管理しCM〜店頭POPまで全てを任された状態を指します。

例えば、コカコーラやナイキなどのキャンペーンを丸ごと半年とか1年間任されるものであれば、数億のお金を稼ぐことができます。

結果、グローバル企業の日本でのキャンペーンをロンチさせたとことが大きな成果となります。

35歳までにポジションを確立する

転職を繰り返してきた人材が多いのですが、やはり35歳までに会社の中におけるポジションを確立することを目指していきましょう。

ここが大きな分かれ目で、気持ちよく会社の場所を確保できるかどうかの分かれ目になります。

グローバル規程で、仕事がなくなる?

外資の場合は、グラーバルでクライアントの担当が決まります。日本であれば、車メーカーが電通と博報堂を、ライン分けして使ったりします。第一ライン、第二ラインで区分けして、情報が漏れないように別会社のように仕事を管理します。実際、グループ内で別会社がやることもあります。

外資の場合は、国内よりも厳しいため、本国のUSAで担当代理店が変更になると、いきなり日本の担当も変わらざるを得なくなり、仕事が一気に飛んでしまうことがあります。

リストラか転職か

担当していた仕事がなくなった場合は、他の業務ができれば問題ないのですが、仕事のアサインがないと立場的にも難しい形になることがあります。

それは本当に個人の能力と言うことではなく、決まってしまうということです。

国内の広告代理店への転職タイミング

35歳すぎてからの転職はやはり厳しい側面もあります。しかしながら、外資の人材は優秀な能力を持った人が多いので、そのまま国内の広告代理店に横移動する形で転職する人も多いです。

特に最近は、SNS系やインターネットに強い広告代理店からすれば、欲しい人材と言えるでしょう。また大手でも、日系のグローバル企業の海外作業をサポートできるならば狙いどころです。

アプリの無料診断を受けてみる

ただし、広告の企画や制作に対する理解や情熱は必要ですし、顧客のこころを掴む広告が好きという視点は必要になります。

スマホから手軽にできる、コンピテンシー診断。あなたの職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、ビジネスマンとしてのあなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できます。

まずはアプリで適性チェックを受けてみることをオススメします。登録は無料です。

7350 1545132719 3 - 外資広告代理店の仕事内容は?転職前に知っておこうb348518b - 外資広告代理店の仕事内容は?転職前に知っておこう

適切なエージェントへ登録すること

やはり、今後の展開を検討するにしても、まずは転職リストの数を持ち駒して持っておくことが大事ではないでしょうか。

 

・合わせて読みたいおすすめエージェント記事はこちら

【2021年版】広告代理店転職おすすめエージェントのランキング

 

 

 

同僚リスティング★ - 外資広告代理店の仕事内容は?転職前に知っておこう
Web部デジオ
転職したいするしないに関わらず、仕事があるのかないのかを確認しましょう。そのためにはエージェントに登録して有利に転職情報を集めるところからです。4〜5社は最低限登録しておき、良い情報を手に入れましょう

JACリクルートメントは広告会社に豊富な案件がありますので、まずは登録をしてみましょう。

6570 1410480981 3 - 外資広告代理店の仕事内容は?転職前に知っておこう

マイナビは案件数が豊富ですので、まずは登録をしておきましょう。

rr?rk=0100k29i00kwk2 - 外資広告代理店の仕事内容は?転職前に知っておこう 0 - 外資広告代理店の仕事内容は?転職前に知っておこう

パソナならサポートが手厚いので、まずは登録をしてみましょう。

bgt?aid=201209323405&wid=002&eno=01&mid=s00000016834001007000&mc=1 - 外資広告代理店の仕事内容は?転職前に知っておこう

 

Dodaなら自動で条件に適した案件を送ってくれるので、忙しい転職活動も効率よく実施できます。

1523 1569171056 3 - 外資広告代理店の仕事内容は?転職前に知っておこうv377866R - 外資広告代理店の仕事内容は?転職前に知っておこう

アージズジャパンは案件数が多いので、まずは登録をしてみましょう。

11851 1594888917 3 - 外資広告代理店の仕事内容は?転職前に知っておこうh394074w - 外資広告代理店の仕事内容は?転職前に知っておこう