広告代理店の仕事

アートディレクターとは?どうしたらなれる?

iStock 819949564 1254x720 - アートディレクターとは?どうしたらなれる?
オリーヴバナー - アートディレクターとは?どうしたらなれる?
オリーヴ
こんにちは、オリーヴです。今日はクリエイティブの仕事です
同僚リスティング★ - アートディレクターとは?どうしたらなれる?
Web部デジオ
アートディレクターです
築地局長JPG - アートディレクターとは?どうしたらなれる?
築地局長
業界的にはADといいますが、TV局のADとは違うからね

アートディレクターとは?どうしたらなれるか

アートディレクターは広告宣伝やセールスプロモーションツールなどのグラフィック作成におけるビジュアルにおいての責任者として活動します.

ほとんどすべての場合、「グラフィックデザイナー」として仕事の経験をした後にアートディレクターになるための入り口が開きます.。

特に,資格を持ったり専門の学校に通ったりすることはなく、男女、年齢を問わずに渡らくことができる業種ではありますが、未経験者が突然アートディレクターになるにはさすがに無理があります。

まずは広告業界に入り、グラフィックデザイナーとして仕事の経験値を増やしていくことが一般的ななり方になります。

 

アートディレクターの仕事内容

アートディレクターとは、広告・Webサイト・パッケージなど、ビジュアルデザインの統括していくクリエイティブチームの最高責任者のことを意味します。職場としては、広告代理店、デザイン事務所、出版社、会社の広告宣伝部門などがあります。

仕事内容は、まず依頼人からの希望を聞き、それを現実にするための視覚表現を考えます。その後、計画のコンセプトをデザイナーやコピーライター、カメラマンに教え、それぞれのデザイナーの作品チェックや進行状況のマネジメントをしたり、撮影現場に実際に出向いて指示を出したりします。アートディレクターの業務は、デザイナーとは異なり実際に手を動かす業務の比率は非常に少なく、指示や管理要素の業務比率が高い職種です。

アートディレクター年収

職種別平均年収によると、グラフィックデザイナーの年収は332万円

アートディレクターの年収は464万円です。平均年収でみてもアートディレクターの年収が100万円以上高いことがわかります。

また優秀なアートディレクターならば、月収100万円の人もいますので、年収1000万円も夢ではありません。

アートディレクターの1日

アートディレクターの業務の1日の流れとしては、勤務先となる広告代理店などの会社によって異なります。

ほとんど朝から夕方にかけての勤務が一般的です。夜勤になることは普通ありません。

ただし,繁忙期や突発的な修正対応などが発生したときには、徹夜してまで仕事をする可能性が出てきます。

業界全体としては,朝は他に比べてゆっくり活動を始めますが、アートディレクターは依頼人との連絡が多いので、依頼人の都合に合わせないといけなくなるケースもあります。

また、アートディレクターはほとんどの社員を統括するポジションになるので、社員が困っている様子であれば、適格に手助けすることが大事な役割となります。

アートディレクターの悩み

広告宣伝などの創造性に深く関係するアートディレクターは、いろんなときでも、街や市街地のあらゆるところにある広告宣伝やデザインについて「作成の背景」を創造します。

作成物には絶対「意図」があります。

アートディレクターはこのことをよく知っているからこそ、なんの目的で、誰をターゲットにデザインが作られたのかまで、考え悩んでしまいます。

また、独創的なデザインに触れたときや、エンタメ性溢れる案件をもらった時は、「自分の業務にも生かすことはできないだろうか」という視点で見るようになります。

アートディレクターに必要な知識・能力

アートディレクターは、デザイン感覚は当たり前のこと、Web・色彩・写真・映像などについてのかなりの多くの知識が必要とされます。

なので,新卒や未経験で突然アートディレクターになることは非常に厳しく、最初は,デザイン事務所や広告作成会社でデザイナーとしての業務を経験した後にチャレンジすることが一般的です。

また、アートディレクターは指示や全体管理を主とする仕事であり、依頼人や外部作成会社との連絡など、社内外関係なく色々な人との関係が多く発生します。なので、上記のような,デザインについてのノウハウだけでなく、コミュニケーション能力が必要とされます。

アートディレクターにおすすめの資格

アートディレクターは何か資格が必要なわけではありません。しかし、デザイナーが必要とされるスキルはアートディレクターも理解しておく必要があります。そのため、デザインソフトについての資格を取得することは,仕事を進めていく上で非常に大きな強みとなります。

ここで、アートディレクターになるためにおすすめの資格をご紹介いたします。

アドビ認定エキスパート

アドビ認定エキスパートは、PhotoshopやInDesignといった編集やデザインで画像処理やDTPに用いられることが多いソフトウェアです。

アートディレクターの将来性

電通が毎年発表している「日本の宣伝費」のリサーチ結果をみると、新聞、雑誌、テレビの広告費は3年連続で衰退している厳しい状況です。一方で、インターネット宣伝費は4年連続で2桁の成長し続けており,近年好調に推移しています。

このようなマーケットのトレンドを受け、広告主企業がインターネット広告をメインに扱うようにになってきたため、Web関連のアートディレクションの案件が急増しているのが現状です。

したがって、アートディレクターにはこれまでにない以上にWebのノウハウがかなり求められるようになることは間違いないです。時代のトレンドをいち早く検知し、依頼人や消費者の必要性にフレキシブルに処理していくため為の知識を持ったアートディレクターがこれからは希少価値が高くなると思われます。

まとめ

今回は、アートディレクターの業務内容から将来性までをご紹介しました。アートディレクターになるために必要不可欠な知識や、これからのトレンドについ把握していきましょう.

アートディレクターはこれから、Webについての知識が求められるようになります。将来アートディレクターを志望する方は、これから少しずつでもいいのでWeb知識を増やしスキルアップを始めてみることをオススメします。

アプリの無料診断を受けてみる

外部評価で市場価値を測定することも参考になります。一度求人サイトの無料診断を受けてみることで適正を測定することができます。

スマホから手軽にできる、コンピテンシー診断。あなたの職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、ビジネスマンとしてのあなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できます。

まずはアプリで適性チェックを受けてみることをオススメします。登録は無料です。

7350 1545132719 3 - アートディレクターとは?どうしたらなれる?

適切なエージェントへ登録すること

同僚リスティング★ - アートディレクターとは?どうしたらなれる?
Web部デジオ
転職したいならまずはエージェントに登録して有利に転職を進めましょう。4〜5社は最低限登録しておき、良い情報を手に入れましょう

マイナビは案件数が豊富ですので、まずは登録をしておきましょう。

rr?rk=0100k29i00kwk2 - アートディレクターとは?どうしたらなれる? 0 - アートディレクターとは?どうしたらなれる?

パソナならサポートが手厚いので、まずは登録をしてみましょう。

bgt?aid=201209323405&wid=002&eno=01&mid=s00000016834001007000&mc=1 - アートディレクターとは?どうしたらなれる?

JACリクルートメントは広告会社に豊富な案件がありますので、まずは登録をしてみましょう。

6570 1410480981 3 - アートディレクターとは?どうしたらなれる?

Dodaなら自動で条件に適した案件を送ってくれるので、忙しい転職活動も効率よく実施できます。

1523 1569171056 3 - アートディレクターとは?どうしたらなれる?v377866R - アートディレクターとは?どうしたらなれる?

アージズジャパンは案件数が多いので、まずは登録をしてみましょう。

11851 1594888917 3 - アートディレクターとは?どうしたらなれる?h394074w - アートディレクターとは?どうしたらなれる?