職種別

マーケティングリサーチ担当の仕事と年収は?

スクリーンショット 2021 01 22 21.09.03 1280x676 - マーケティングリサーチ担当の仕事と年収は?
オリーヴバナー - マーケティングリサーチ担当の仕事と年収は?
オリーヴ
こんにちは、オリーヴです
同僚リスティング★ - マーケティングリサーチ担当の仕事と年収は?
Web部デジオ
マーケティングリサーチです
築地局長JPG - マーケティングリサーチ担当の仕事と年収は?
築地局長
今や調査は必須で要の仕事です

 

マーケティングリサーチとは?

広告代理店におけるマーケティングリサーチとは企業の商業活動における課題に対して分析を行ってアドバイスを提供する職種です。

広告代理店というと広告枠を確保して広告主を探し、広告を作成して納品するという業務をイメージします。

しかし、近年はそういった旧来のビジネススタイルに加えて様々なアプローチがされるようになり、広告主であるクライアント企業に対して様々な分析を行い、より効果的な広告を展開し、マーケティングに生かしていくということが求められています。

このような流れに対して重要な役割を果たしているのが広告代理店におけるマーケティングリサーチの業務なのです。

今回、このマーケティングリサーチの仕事内容やマーケティングリサーチの内容、特徴、仕事の流れやメリットなどマーケティングリサーチにまつわる様々なテーマを解説していきます。

 

マーケティングリサーチと市場規模の違いとは

マーケティングリサーチと市場規模の違いは端的いえば、マーケティングリサーチの一部に市場規模のリサーチがあるということです。

マーケティングリサーチの調査範囲は広範です。

例えば、市場規模を調査するのはもちろんのこと、クライアント企業が打とうとしている広告はどのような人を対象とすべきなのか、あるいは広告で紹介した商品やサービスは消費者が満足しているのかといった多角的な面で分析を行います。

 

市場規模の調査というのはあくまで、広告主となるクライアント企業が広告でマーケティングを行おうとしている商品やサービスはどの程度の規模なのかといった調査です。

例えば、Aという商品を広告で展開しようとしている時、このAの商品の市場は季節性があって、300億円規模といった調査を行うことです。

マーケティングリサーチはそういった調査に加えてもっと様々な面から広告というキーワードをもとに分析調査を行う行為になります。

 

マーケティングリサーチの仕事の内容

マーケティングリサーチの仕事は、マーケティングリサーチャー(マーケター)という分野の方が行っています。

このマーケティングリサーチャーの仕事内容は、広範なため、同じマーケティングリサーチャーの部門でも様々な担当がいます。

MD(マーケティング・ディレクション)や調査部、広告データ部、情報センターといった担当です。

MDはオールラウンドプレイヤーで、担当するプロモーションや広告といった活動に対して基本的なマーケティング戦略を立案する仕事です。

調査部は、マーケティングリサーチの具体的な実施を行う分野で、自身はもちろん外部の調査会社と協力して情報を収集します。

広告データ部は、収集したデータ分析を行う部門で、この部門は広告代理店によって様々なノウハウがあるため、企業ごとに行う分析手法は異なります。

非常にエネルギーを使う業務なので子会社を別に設置し、協業して行うケースさえあります。

情報センターはマーケティングリサーチに必要な膨大な資料を管理している部門で、過去の事例や調査の手法などの情報を他の担当に提供する業務です。

端的に言えば図書係のような業務になります。

 

マーケティングリサーチの年収

マーケティングリサーチの年収は様々なです。

例えば、花形のMDの場合は1,000万円を超える場合がありますが、一方で分析業務を行う広告代理店の子会社の場合は500万円前後になることも少なくありません。

 

(h2)マーケティングリサーチの特徴

マーケティングリサーチは、広告を媒体に掲載する業務など直接の広告代理店の業務ではなく、広告をいかに効果的に行うかといった計画を立てたり、その参考資料を作成するという特徴があります。

 

マーケティングリサーチの仕事の流れ

マーケティングリサーチの仕事の流れは基本的に同時進行となることも珍しくありません。

しかし、大まかな流れとして以下の流れがあります。

 

クライアント企業との打ち合わせ

クライアント企業と打ち合わせを行い、どんな商品やサービスを売りたいのかといったヒアリングを行います。

そして、商品やサービスの内容についても把握を行い、マーケティングコンセプトの立案につなげます。

クライアント企業のマーケティングコンセプトの立案

マーケティングコンセプトという商品やサービスの売り出し方について、アドバイスや提案をクライアント企業に行います。

ここでクライアント企業と考えをすり合わせて共通のマーケティングコンセプトを立ち上げるステップです。

 

コピー・ストラテジー(広告制作上の基本戦略)

クライアント企業と決めたマーケティングコンセプトに基づいて広告を制作するうえでの基本戦略を立て、社内や協力会社にその戦略の方向性を提示し、周知させます。

ここでは、広告の内容や掲示方法といったことが決定されるタイミングです。

マーケティング戦略のための情報収集と分析

より確実なマーケティング戦略を立てるために情報収集を行い、それをもとに分析します。

この時、MDを含めたマーケティングリサーチ部門全体が活動し、得た情報から分析をどんどん行い戦略を立てる流れです。

 

広告の対象となるサービスや商品の市場全体の分析と予測

これから出す予定の広告について、どのような市場に投入されるのかといった分析と、広告効果の予測を立てます。

 

広告のプランの方針

コンセプトが決定した時点で、どのような広告をどのようにして投入するのか決定します。

その上で、その広告のクライアント企業の広告を実際に掲載する部門にバトンタッチします。

広告を含むマーケティングの効果測定

実際に広告が実施されてどのようなマーケティング上の効果があったかを調査し、その効果を判定します。

効果測定に基づいた方向性の提案

効果の調査結果をもとに、今後どのようにマーケティングを行うかの提案を行います。

例えば、雑誌の広告を見てサービスを利用した人よりもネットの広告を見てサービスを利用する人が多かった場合は、ネット広告に注力するといった形です。

 

マーケティングリサーチの仕事のメリット

メリットは、自分たちの立案した計画によってクライアント企業の業績が上がる可能性を秘めているということです。

直接広告物の制作はしませんが、自分たちのアイデアやプランがどのように市場に通用したかを直接調査して確認できると言うのもメリットといえます。

マーケティングリサーチの仕事の悩み

とにかく情報処理が多く、ノイズのような情報をどのように扱うのかといったことや、広告効果がなかった場合、直接責任が来る可能性があるということです。

責任転嫁というよりは柔軟に結果を受け止めて、次に生かせるような態度が必要といえます。

 

マーケティングリサーチの仕事のやりがい

自分たちの分析結果が形になるということにやりがいを感じます。

マーケティングリサーチの分野によっては、全く広告に触れることのない間接的な担当もいますが、それでも貢献できたと実感できるケースも少なくありません。

マーケティングリサーチに求められるスキル

マーケティングリサーチに求められるスキルは、コミュニケーション能力以外にも膨大な情報を的確に処理できる能力や情報をうまく扱う能力です。

より現実的にデータをうけとめ、客観的に広告の効果を判定するなどの冷静さも求められます。

また、責任も大きいため、責任に耐えられるタフさも必要です。

 

まとめ

マーケティングリサーチは、広告代理店の派生業務として重要な部門をつかさどる職種です。

直接広告を展開したり、クリエイティブな広告を作成したり、あるいは業界人といわれるマスコミ関係者とのかかわりは多くありません。

そのため、やや広告代理店の仕事のイメージとしては、かけ離れる部分も少なくありません。

しかし、広告の効果を最大限に発揮するためのマーケティング課題を解決する中心人物として重要な役割を持っています。

当然、多くの広告代理店はこの部門の人材を求めており、広告代理店の大小にかかわらず、多くの求人があります。

もし、自分の分析力や提案によってクライアント企業の業績を上げたいと考えている方は、この職種の求人に応募してみてはいかがでしょうか。

アプリの無料診断を受けてみる

外部評価で市場価値を測定することも参考になります。一度求人サイトの無料診断を受けてみることで適正を測定することができます。

スマホから手軽にできる、コンピテンシー診断。あなたの職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、ビジネスマンとしてのあなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できます。

まずはアプリで適性チェックを受けてみることをオススメします。登録は無料です。

7350 1545132719 3 - マーケティングリサーチ担当の仕事と年収は?

適切なエージェントへ登録すること

同僚リスティング★ - マーケティングリサーチ担当の仕事と年収は?
Web部デジオ
転職したいならまずはエージェントに登録して有利に転職を進めましょう。4〜5社は最低限登録しておき、良い情報を手に入れましょう

マイナビは案件数が豊富ですので、まずは登録をしておきましょう。


bgt?aid=201128173699&wid=002&eno=01&mid=s00000011027008009000&mc=1 - マーケティングリサーチ担当の仕事と年収は?

0 - マーケティングリサーチ担当の仕事と年収は?

パソナならサポートが手厚いので、まずは登録をしてみましょう。

bgt?aid=201209323405&wid=002&eno=01&mid=s00000016834001007000&mc=1 - マーケティングリサーチ担当の仕事と年収は?

JACリクルートメントは広告会社に豊富な案件がありますので、まずは登録をしてみましょう。

6570 1410480981 3 - マーケティングリサーチ担当の仕事と年収は?

アージズジャパンは案件数が多いので、まずは登録をしてみましょう。

11851 1594888917 3 - マーケティングリサーチ担当の仕事と年収は?h394074w - マーケティングリサーチ担当の仕事と年収は?