リストラ

広告代理店でリストラされやすい人とは

iStock 1053764322 1254x720 - 広告代理店でリストラされやすい人とは
オリーヴバナー - 広告代理店でリストラされやすい人とは
オリーヴ
こんにちは、オリーヴです。毎日リストラについて、ニュースが飛び交っています
築地局長JPG - 広告代理店でリストラされやすい人とは
築地局長
リストラされやすい人ってどんな人なんでしょうか

 

 

 

 

広告代理店でリストラ対象にされやすい人は?

リストラされやすい人って実際にいるのでしょうか?サラリーマンで勤めていると、リストラされる可能性が少なからずあります。会社の業績が悪くなり、銀行から融資が断られるとか、クライアントから仕事をもらうことができず売上の目処が立たない。

そういう状況になった場合、どうしてもリストラしないと会社が潰れてしまう。その状況を回避するために、リストラ策が検討されるのです。

「会社は大丈夫なのか?」「業績悪化が長引くと、いつか自分がリストラ候補になるかもしれない」と不安になる人も多いのではないでしょうか。

今回は、どんな人がリストラの対象者になってしまうのか?その内容について記載したいと思います。

リストラされやすい人というのは、まず最初に会社から去って欲しい人材ということです。

今回はそのように狙われやすいリストラ対象者とはどういった人かをご紹介します。リストラについて気になっている方は是非参考にしてみてください。

広告代理店でリストラされやすい人は?

iStock 500751647 300x200 - 広告代理店でリストラされやすい人とは

リストラされやすい人は確かにいます、それは部署の状況や人数に関係しない場合もあれば、明らかに存在することで会社にとって不利益になると判断される人など。様々です。

最初に人事部は、リストラを行う場合、どのぐらいの人数をリストラして経費を抑えるのかシュミレーションします。

 

そして、まず全セクションに暫定のリストラ数を振り分けます。各部署の室長や部長クラスが、対象となる人物をリストアップすることから始まります。

 

いくら人事と言えども、各部署の長の指示がない限りは、各自の仕事の功績やどんな勤務態度なのかを判断することができません。そのために、直属の上司やマネージャー、部長、本部長に日頃から気に入られ、認められている必要があります。

では、気に入られるとはどういったことなのでしょうか?また気に入られるにはどうしたらいいのか。そして気に入らない社員とは、どんな人なのか。この部分をしっかり理解しておく必要があります。

 

また、いつなんどき、部署が変わったり、上司が異動になるのかわかりません。どんな人とも上手くやっていく力や術をしっかり身につけなければなりません。対象者の特徴や傾向を、しっかりと事前に把握し、リストラ対象なる人とリストラ対象にならない人を理解しておきましょう。

リストラ対象者にならない人は?

一般的に、会社には上位2割、真ん中の6割、下位2割の法則が存在します。

上位2割とは、会社のリーダー的存在であったり、数字を必ず好業績で達成させる人に値します。競合や他社の引き抜きにあう、いわゆるエッドハンターから声かかかる人です。

そういう人は、上司から言われる前から、自ら考え行動ができる人です。問題の本質を理解し、根本的な原因を因数分解して、課題と戦略を整理し、直ぐ問題解決に向けて行動する人です。

会社の中には、大体2割の層が存在します。言われなくても行動できる人なので、お得意様さらも評判がとてもいい人。というのが特徴です。このタイプは、会社の中でも目立つので社長や役員にも名前を覚えてもらっている場合が多いです。

では、上位2割は除外として、残りの6割と下位2割について説明します。

まず先に下位2割です。この人たちは、会社の中では若干お荷物とされている存在です。多くは成績が振るわないことが多いと言えるでしょう。

但し、成績が振るわない原因がどういったものであるか、そこがとても大事なのです。そもそも難しい案件をこなしている場合は除外されます。

部長クラスでもできない新規案件、出張も多く海外の案件、難しいお得意様であれば、成績は振るわないのは当たり前です。そういった人も対象からはずれることになります。

リストラの対象にされる人とは

下位2割の中で、万年なかなか能力級のランクがあがらなかった人です。そういう人にはいくつかの特徴があります。

例えば、

  1. 勤務態度がよくない。
  2. 周りからの評判がよくない。
  3. 仕事の関係者からいい話を聞かない。
  4. いつも言い訳ばかりしている。

こういう人は、必ずと言っていいほど、成果らしい成果を出していません。特に、勤務態度や人間関係でも問題ありと見なされた場合、必ず過去になにかしらの問題や事件など起しています。人事部にも「ちょっとあの人は問題」という声が届いていることもあります。

一つ一つ解説していきましょう。

勤務態度がよくない。

欠勤をする

言葉の通り、突然休んでしまって仕事を平気ですっぽかす。欠勤も多く、休みがちです。事前に上司ににも相談や報告がないので「今日〇〇さんどうしたんだ?」と聞いたときに、誰も知らないと言うことが起こります。

早退や遅刻も多い

自分の都合が優先されるので、遅刻や早退も多くなる傾向です。ちょっと天気が良くないと言う理由、ちょっと風邪気味という理由で直ぐ休む人です。

学校に行きたくないと同じレベルに会社の出勤を考えているタイプ。急に声をかけずに会社からいなくなる人もいます。

要は自分の主張だけで、雇用されているという意識がそもそも薄い人です。そんなことを繰り返していたら、真っ先にリストラ対象となる確率が上がります。

周りからの評判がよくない。

評判がよくない人に言えることは、「言葉や態度が悪い」ということです。

態度が悪い

人の顔をみて話をしない人、上下関係で自分が上位だと思った瞬間、やたら上目線でえらそうな言葉遣いをする人。

上司にも、くってかかるような言い方で常に自分が被害者だと話をする人です。こういう人は、まず年下の部下や社員から好かれません。

人によっても態度を変えたりする人も中にはいます。

言葉が悪い

言葉遣いが汚い、きつい人がいます。人を追い込んで遣り込めるような言葉をいつもいつも使っていて、突っかかった物の言い方をする人ですね。

これは、もしかしたら認めてもらいたい裏返しでそういう言い方をする場合もありますが、まず、周りの空気が悪くなります。本質的は、育ちの問題でもあるかもしれません。

仕事の関係者からいい話を聞かない。

お取引業者さんやクライアントから、伝わってくるのが「あの人はちょっと」という話です。どこかの場面で、その人のせいで嫌な思いをしてしまった。と心にひっかかってしまった場合です。

これは、先ほどの態度や言葉にも通じていることが殆どです。本人は自分を正当化しているので、相手がどんな人であろうが、人の話を聞いていないケースですね。

ノートを取っていたので、分かってくれた。と思ってしたら、全然人の話を聞いておらず、態度も攻撃的な人です。そんな人の評判はよいはずがありません。

いつも言い訳ばかりしている。

大体の仕事や私生活で常に言い訳してる人というのは、悲観的でネガティブ思考な人が多いものです。やらないことが一番だと思い込んでいますので、周りに対して「無理です」「できません」を繰り返しています。

自分都合で最優先ですから、相手の立場に立って考えたり話したりができない人です。周りは疲れてしまいます。それでも、まだ仕事ができればいいのですが、言い訳する人がいい仕事をするとは聞いたことがありません。

6割の中間層でリストラされやすい人とは

これが一番難しいところなのですが、以下のような人があてはまるかと思います。

  • 協調性がない人
  • 俗人的な仕事しかしない人
  • 自分がボスだと思ってる人
  • 仕組みやルールを守らない人

協調性がない人

仕事はチームワークが基本ですから、協働作業が多く占めます。そのような時に、協力的な態度をとらない人がいます。

期限までに資料作りを割り振られても対応しなかったり、会議で全く発言しない代わりに陰で色々と問題発言的なことを言ってしまう人。

そもそもみんなと仲良く頑張ろうという意識に欠けるので、「あの人がいない方が仕事が進む」と言われてしまいます。

俗人的な仕事しかしない人

先ほどの話にも関連しますが、自分のやり方を変えないため、その人にしかできないやり方になっています。「いまどきそんなやり方古いよね」と言われたとしても、お構いなし。

仕事で成果を出すと言うよりは、このやり方が慣れ親しんでいて変えたくないし、楽ちんという発想です。

それは、その人だから成り立つけど、他の人にとっては非効率で生産性が低い場合が殆どです。

自分がボスだと思ってる人

自分がボスだと思ってる人は声がでかいです(笑)人の話を遮り、より自分の意見が通るように更に大きな声を出します。

猿山のボスになりきっていますので、指図や命令も多くなります。自分が中心でないと気が済まないので、当然話す言葉も多く、最後の締めくくりの話も自分がとりだと思っています。

仕組みやルールを守らない人

会社というのは組織で成り立っていますので、ルールや決まり事を大事にします。それを守れない人は、はみ出しものとして見られてしまいます。

  • 提出物をやらない。
  • 納期を守らない。
  • 報告しない。

これらは、言われたことさえもできない人です。そんなこと言わなくてもあたり前でしょ!ということが、そもそもできていません。

リストラ対象者にできる基準とは

人事からのリストラの基準は、就業規程に記載されている内容と照らして考えます。規定にない理由は、納得性にかけ、労務担当や社労士の方からも指摘が入ります。

リストラ基準はという計画な基準はありませんが、会社側が正当化してくるのは、就業規則にほど記載されています。

特に会社の業績が悪い場合は、「業績悪化」を第一の理由として用意されています。

リストラ対象者になる年齢とは

iStock 1276402402 300x169 - 広告代理店でリストラされやすい人とは

リストラとなると、企業や業種に関わらず、どうしてもある一定層の45歳以上の年代が対象となることがあります。

リストラ対象となる年齢は、高い給与をもらっている層や世代であることがほとんどです。

リストラ対象者の平均年齢

リストラの対象年齢は企業によって違いますが、一般的に対象となりやすいとされる年齢は40歳前半から50代です。

会社としては、若くて才能のある人にいてもらいたいと考えます。そして若い層は、コストも安く済みます。これは給与と人物のバランスに大きく関係しています。

50代は第二次ベビーブーム世代でもありました。当時は新卒時期に就職バブル時代だったのです。

そのため、就職するには大変有利な時代でしたし、実際人数も多く採用されていました。

その世代が、年齢に伴い年収となり、会社からすれば負担が重い世代でもあります。

40~50代で管理職についていない人物は、給与とのバランスが見合わないと見られがち。真っ先にリストラ対象者とする企業も多いでしょう。

40~50代でリストラ対象になりたくない人は今回の話を聞き、今一度、自分が企業にとって価値がある存在であるのかを自問自答してもいいかもしれません。

リストラ対象にならないために

上記の記載した対象になりやすい人を参照にしてください。

そして、リストラされたくないのであれば、常に成長意欲をもち、素直な心を持ち続けていることです。いくつになっても、平頭な態度で会う人に好感を持たれることが大事です。

素直を人は、どんな世代に人にも好かれますので、陰口を言われることもありません。

リストラ対象にならない価値ある存在になる

会社に有益な利益を与える存在は、企業としても重要な存在です。

それは、物理的な金銭もそうですし、風土や組織においてもです。どんな利益出すことができるのか自分に自答して見ましょう。

会社は大勢の人と関わり合う場でもあります。周囲との円滑なコミュニケーションが必須ですから、上手く周りと調和してやっていける人間力、できれば人間としての魅力が必要です。

会社からも周囲の人間からも必要とされる存在となることで、リストラ対象にはならない存在へとなることができます。

まとめ

リストラ対象となりにくい人、なりやすい人をまとめました。

リストラ対象とならないためには、端的に言いますと「会社に利益をもたらし、人間的にも魅力に溢れ、コミュニケーション能力も高く、ルールをきちんと守る」人です。

その様な人は、どんな会社にいても、企業側から求められる人材です。

あなたが、いつもどんな時もそうなっていれば、まずリストラの心配はありません。

それでも、リストラが心配な人は、どうすべきか。

無料の求人サイトに登録して、万が一に備える

やはり、情報を収集し良い条件を手に入れるだけでも安心できます。

同僚リスティング★ - 広告代理店でリストラされやすい人とは
Web部デジオ
転ばぬ先の杖とするためにも、心の安心は転職先の確保です。いざという時の場合に希望の仕事があるのかないのかを確認できるだけでも安心するものです」。そのためにはエージェントに登録して有利に転職情報を集めるところからです。4〜5社は最低限登録しておき、良い情報を手に入れましょう

マイナビは案件数が豊富ですので、まずは登録をしておきましょう。

rr?rk=0100k29i00kwk2 - 広告代理店でリストラされやすい人とは 0 - 広告代理店でリストラされやすい人とは

パソナならサポートが手厚いので、まずは登録をしてみましょう。

bgt?aid=201209323405&wid=002&eno=01&mid=s00000016834001007000&mc=1 - 広告代理店でリストラされやすい人とは

JACリクルートメントは広告会社に豊富な案件がありますので、まずは登録をしてみましょう。

6570 1410480981 3 - 広告代理店でリストラされやすい人とは

Dodaなら自動で条件に適した案件を送ってくれるので、忙しい転職活動も効率よく実施できます。

1523 1569171056 3 - 広告代理店でリストラされやすい人とはv377866R - 広告代理店でリストラされやすい人とは

アージズジャパンは案件数が多いので、まずは登録をしてみましょう。

11851 1594888917 3 - 広告代理店でリストラされやすい人とはh394074w - 広告代理店でリストラされやすい人とは