リスティング広告代理店への転職

リスティング広告代理店の転職先のおススメランキングー仕事の内容も解説

iStock 613234448 1280x720 - リスティング広告代理店の転職先のおススメランキングー仕事の内容も解説
オリーヴバナー - リスティング広告代理店の転職先のおススメランキングー仕事の内容も解説
オリーヴ
こんにちは、オリーヴです
同僚リスティング★ - リスティング広告代理店の転職先のおススメランキングー仕事の内容も解説
Web担当デジオ
今日は、デジタル広告についてですね

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、GoogleやYahooの検索エンジンの検索にユーザーが検索したキーワーと連動して掲載する広告のことを指します。

赤枠のところがリスティング広告の箇所になります。下の段の青字の囲みのところがオーガニック検索(自然検索)で表示されるところとなります。

スクリーンショット 2020 12 18 19.37.50 300x287 - リスティング広告代理店の転職先のおススメランキングー仕事の内容も解説

別の呼び方としては、検索連動型広告やPPCとも呼ばれます。広告がユーザーがクリックされるとその数ごとに費用が発生します。日本では、Google 広告やYahoo!広告が有名です。

Google検索の検索はYoutubeも同様に世界1位であり、日本でも70%以上の占有率となっています。Yahoo!検索は、もともとYahoo!ニュースサイトがいまでも圧倒的に強く、その中での検索では、25%ほどになっています。Yahoo!は特に年齢層が高めのユーザ層が大活用しています。

この2大検索によって、日本の市場は9割を超えているため、リスティング広告を熟知できれば、ほぼリスティング広告が理解できていると考えて問題ありません。

同僚リスティング★ - リスティング広告代理店の転職先のおススメランキングー仕事の内容も解説
Web担当デジオ
僕も運用経験が6年目となりますが、リスティング広告は基本中の基本ですのでしっかりおさえておく必要があります。

リスティング広告代理店の選び方と基準は?

オリーヴバナー - リスティング広告代理店の転職先のおススメランキングー仕事の内容も解説
オリーヴ
リスティングは運用が大事と聞きますが、失敗しない代理店選び とはなんでしょうか
同僚リスティング★ - リスティング広告代理店の転職先のおススメランキングー仕事の内容も解説
Web担当デジオ
競合分析を行い差別化して入稿するのですが、一番大切なのは実は運用能力です

リスティング広告で困るポイントとは?

同僚リスティング★ - リスティング広告代理店の転職先のおススメランキングー仕事の内容も解説
Web担当デジオ
クライアントの相談で一番多いのが、成果や改善に悩んでいること
  1. 代理店依頼しているが。成果が出ず改善策も出てこない
  2. 代理店から、新しい提案がこない
  3. 社内で運用しているが、代理店に依頼する基準がわからない。

こういった悩みを抱えてるクライアントは多いのですが、どこに相談したら良いか悩んでいるのが実態です。

同僚リスティング★ - リスティング広告代理店の転職先のおススメランキングー仕事の内容も解説
Web担当デジオ
代理店ならば、きちんと基準を示すことが大事となってきます

後悔しないリスティング広告代理店の選び方

同僚リスティング★ - リスティング広告代理店の転職先のおススメランキングー仕事の内容も解説
Web担当デジオ
失敗しないためにもきちんと読んで理解していただけると嬉しいです

リスティング広告代理店をみる場合の重要なポイントとは?

リスティング広告で後悔しないためにも、広告代理店のチェック項目がきちんと発注する会社にあるのかどうかを事前に確認することで後悔しないで済む場合がほとんどです。必ず打ち合わせ時に項目内容を確認しましょう。

精通している担当者

リスティング広告の運用を長く経験していると自分の分析軸だけになってしまいがちです。一番は社内できちんと分析技術を向上させるノウハウを持っていて、担当者も切磋琢磨できる環境があることです。

分析の味方は可視化しにくい側面もあるため、人1人の能力としても判断しにいところがあります。したがって会社全体、ベテラン上司の指導があるところが望ましいです。

手厚く熱意のある担当者

広告運用担当者のクライアント担当本数がどのぐらい受け持っているのか。また業務の中でどこまで手厚く熱意を持って仕事をしてくれるのかが肝心です。

運用の分析は、データが自動化に移行していますが、ただレポートをエクセルに落とせばいいというわけではありません。ビジネスに本当に親身になってやってくれるのことが第一です。

分業型の体制

原稿の入稿などの管理画面を操作する人とレポート分析を行う人に分かれる場合です。

専任型の体制

専任型とは、全ての業務を1人で行う場合です。

成果にこだわる場合は、専任型のプロフェッショナルが良いと考えますが、途中経過や他の案件との連動などの場合は、分業型が良いでしょう。

契約期間

つ業務委託契約を双方で締結した場合、通常契約次第で1ヶ月から運用ができる場合があります。しかし効果をしっかり出してクラインとお付き合いする場合は、やはり代理店で半年ぐらいの期間を設定することが望ましいです。

問題がなければ自動更新によって、契約延長をする形となります。期初に契約内容をしっかり確認し、成果で出ている場合、そうでない場合の両方を考えておく必要があります。

広告費の運用費

広告費を大抵の場合が売掛にして広告代理店が運用してくれますが、個人事業主やフリーランスの場合は、資金的に売掛の対応が難しい場合があります。

広告主と広告代理店費用を分けて支払うこともありますが、少々手間がかかります。そのような場合は、媒体への広告費を法人カードなどで支払うと見える化でき、わかりやすくなります。

ビジネスシーンで、法人クレジットカードの活用は支払いがスムーズな上、ポイントが付与され便利です。

広告アカウントの再構築

広告代理店が業務を引き継いで運用することになった場合は、どういった意図で引き継ぐのか確認するべきでしょう。

効果のないアカウントは作成し直した方がいい場合があります。あくまで成果重視でアカウント診断を行ってくれるところがいいでしょう。

同僚リスティング★ - リスティング広告代理店の転職先のおススメランキングー仕事の内容も解説
Web担当デジオ
成果がでないアカウントは最初からやり直しすることがあります。めんどくさいやらやり直ししないと担当者はまず信頼がおけないです

広告アカウントの開示

広告代理店によっては、クライアントの了解を得て作成した広告アカウントだとしても開示せずに不親切な対応をすることがあります。そもそも広告アカウントは、クライアントの予算に沿って運営されているものですから、開示しないと言うことはあり得ないことではないでしょうか。

きちんと説明責任も含め、誠実に情報を提供・開示してくれる広告代理店を活用すべきでしょう。

最低予算額を決めているか。

広告代理店から予算を求められることがありますが、最初の取引開始時点でクライアントに見積もりを提示し説明していることが大事です。

運用した結果最後に予算オーバーとなってしまっては問題です。常にお金に関わることは取り決めをしておくことです。そう言う提案もきちんと広告代理店から説明をすることが必要でしょう。

サービスレベルの取り決め(SLA)

リスティング広告のサービスに関しては取り決めをきちんと行っておくことです。サービスレベルの取り決めは(SLA)手数料に関わるもの、業務のレポート頻度や依頼対応などです。

業務開始前に双方できちんとSLAを確認しあうようになっているかの確認をしましょう。

レポーティングの報告

リスティング広告の運用ですが、きちんとどのようなレポートを提出することになるのかを開示いただくことです。

エクセルデータだけをみてもよくわからないことが多いですから、パワーポイントにデータの解析をわかりやすくまとめて報告してくれることが望ましいです。事前にどのようなレポートか、頻度はどのぐらいか、改善策は提示されるのかなどを説明してくれるところがいいでしょう。

リスティング広告運用で知っておきたい運用手数料とは?

リスティング広告は代理店ごとのやり方によって費用の考え方が変わります。

固定金額制

広告にかかわらず一定の金額で運用するもの

料率制

広告費の手数料に応じて%が確定されるもの

テーブル制

広告の金額額によって、テーブル制が設定されているもの

成果報酬制

目標コンバージョン数とコンバージョン単価で設定されるもの

その他広告代理店によって費用の考え方もさまざまあり、組合せ合わせも自由な場合もありますので、詳しく説明を受けましょう。

リスティング広告代理店を正しく変更する方法

広告代理店がきちんと報告をしてくれない、事前に共有した契約内容に沿って実施しなくなった。などの事態が発生した場合は、広告代理店を変更した方がいいでしょう。

同僚リスティング★ - リスティング広告代理店の転職先のおススメランキングー仕事の内容も解説
Web担当デジオ
運用に関しては、素人ではわからないことがありますが、質問し誠実に回答してくれない代理店は問題です

リスティング広告代理店を利用するメリット

リスティング広告は、従来のマスの広告に比べてコントロールが容易にできるためメリットが多いのが特徴です。

  1. 少額で始められる
  2. 即効性があり改善策も打ちやすい
  3. 業務に成果が反映されやすい

リスティング広告代理店を利用するデメリット

  1. 運用に手間暇がかかる
  2. 人が張り付いて作業するための人件費
  3. 運用には経験とスキルが必要

リスティング広告代理店の転職先のおススメのランキング

  1. 合同SAWL
  2. ヴィンテージマネージメント
  3. オプト
  4. サイバーエージェント
  5. 合同ビーエイチ
  6. セプティー二
  7. アイレップ
  8. シード
  9. リスティングプラス
  10. エクスコア

リスティング広告を上手く運営していると評判の広告代理店になります。まずは最初に丁寧に説明してくれる会社と打ち合わせして見ることから始めてみましょう。

まとめ

同僚リスティング★ - リスティング広告代理店の転職先のおススメランキングー仕事の内容も解説
Web担当デジオ
リスティング広告の重要なポイントと共に、インターネット広告代理店の中でもリスティング広告が上手と評判の広告代理店をご紹介しました。

日本におけるネット広告のベースとなるのが、リスティング広告です。ユーザーは所謂「ぐぐる」ことから知りたいニーズのアクションがスタートします。

ネット広告の基本中の基本と考えるのがリスティング広告ですから、しっかりと成果を出せる良い会社を選びましょう。必ず高いスキルが身に付きます。