オリコミ広告

オリコミ広告やフリーペーパーの仕事内容と評判

iStock 671803444 1254x720 - オリコミ広告やフリーペーパーの仕事内容と評判
オリーヴバナー - オリコミ広告やフリーペーパーの仕事内容と評判
オリーヴ
こんにちは、オリーヴです
同僚リスティング★ - オリコミ広告やフリーペーパーの仕事内容と評判
Web部デジオ
オリコミ広告ってダイレクト訴求ができます
築地局長JPG - オリコミ広告やフリーペーパーの仕事内容と評判
築地局長
やっぱり購買に直結するね

 

折込み広告紙やフリーペーパーってなに?

サンケイリビング新聞のようなタブロイド判の折り込み広告紙を見たことがあると思います。形態は新聞ですが、記事内容は広告(パブリシティ)で、通販カタログに近いものです。

「新聞に折り込めばいいのに」と思いますが、新聞には毎日のようにたくさんのチラシ(折り込み広告)が入って来るので、ほとんど見ないで捨ててしまう人もいます。新聞の購読者の中にはチラシはゴミになるので入れないで欲しいという人もいるくらいです。

 

ポスティングも重要な配布手段

そこで考えたのが新聞とは別に専門の配達員が家を一軒一軒廻ってポストに投函するという手法です。また、会社のオフィスにまとめて持っていき、配ってもらうという方法もあります。

少しでも目に留めて貰い、商品情報を見てもらうという広告の手段です。ただし、広告だけだと読んでもらえないので、詳しい記事や使ってみたユーザーの声なども載せ、それに加えて生活に密着した有益なニュース、お得な情報も掲載しています。

読んで楽しいもの、役立つものでなければ毎回手に取ってもらえませんから、記者もきちんと取材し、しっかりした記事を載せています。

 

求人誌は、今は無料が当たり前

一方、フリーペーパーは、スーパーや駅のホーム、コンビニ、病院、薬局、自動車教習所などに置かれた無料の求人誌、タウン情報や住まい探しの情報誌です。かつて求人誌は低価格でしたが有料で駅の売店などで販売されていました。

求人には掲載料を貰っているので無料でも運営できたはずですが、販売ルートに乗せなければ知名度も上がらないし、人目に付かない上、タダでは取次会社も扱ってくれないので、定価が付いていました。

しかし、無料の求人誌が出回るようになると売れなくなってしまったため、休刊に追い込まれ、求人誌は無料のフリーペーパーやWEBが当たり前になっていきました。

 

かつて人気を博した「R25」 

その他にもスーパーや新聞社が発行している料理や生活情報を掲載したパンフレット型の雑誌、かつて駅に置かれたサラリーマン向けの無料情報誌R25(現在は、新R25としてWEB展開)、地下鉄の駅などで見かけたホットペッパー、東京メトロが発行している東京メトロニュースやメトロウォーカー、東京トレンドランキングなどがあります。

 

このように駅やスーパー、コンビニなどの有料設置場所に置かれた物や公共の場所にある専用ラックに置かれたもの、ポスティングやターゲットを絞って病院や保育園、幼稚園、大学のキャンパスなどに設置するケースもあります。

また、富裕層向けに別荘やリゾート情報を掲載したDMマガジンなどもフリーペーパーに加えています。

 

無料配布の広告紙・誌で会社はやっていけるの?

広告紙・誌やフリーペーパーは、制作を含め会社の運営は基本的に広告費で賄っているため、無料で配布しています。新聞社が集金時に無料で配布する冊子は広告誌と言うよりは購読者の拡販用ですが、他のタブロイド新聞やフリーマガジンなどは全て広告費で運営されています。

 

最近はブログなどで、商品を食べてみたり、使ってみた個人のコメントの方が効果があることから、商品の広告手法が変わってきた様で、印刷媒体を詳しく見る人が少なくなっているのも事実です。

でも、身近な地域の情報や近くのお店の情報などは、多くの人にとって役立っているようです。特に、新聞や雑誌と言う活字媒体は信頼性が高いと感じる世代も多く、年齢層が高くなるほどそれが顕著です。

そして、求人や住宅情報は紙媒体の方が効果が高いというのも事実です。

 

どんな会社が発行しているの?

狭いエリアで発行しているフリーペーパーなどは、昔からミニコミ誌を作っていた会社が運営している所もあれば、大手広告代理店のサイバーエージェントが株主になり、出資して始めたもの、ぐるなびやレッツエンジョイ東京を子会社として運営している広告代理店のNKBが実質的に行っている場合もあります。

また、メトロミニッツなどはスターツ出版が請け負っていたり、メトロポリターナは産経新聞社、ペットの情報誌KADOKAWAが制作しています。

 

折込みやフリーペーパーの作り方

雑誌や新聞自体は上記でも触れましたが、制作会社に依頼してプロが作っているので、商業誌と同様のクオリティがあり、販売できるくらいのものも中にはあります。

いくらタダでも素人が作ったような見劣りするチラシのようなものでは決して手に取ってもらえませんから、表紙に誰でも知っているような有名なタレントを使ったものも少なくありません。

勿論きちんと取材して、それなりの内容があり、ページ数は少ないけれども週刊誌並みの内容のものもあります。ただし、求人誌や住宅情報は新聞に折り込まれたチラシと同じように料金によってスペースを買い切ると言った体裁のモノがほとんどです。

 

制作会社の運営の仕方

広告料で製作しているので、購読料はありませんが、皆利益を出しています。フリーペーパーの市場は約2000億円です。中には自社の宣伝媒体として作っている所もありますが、フリーペーパーによって商品が売れれば十分意味があります。

最近はWEB広告が売り上げを伸ばしていることから、紙媒体が衰退していると言われていますが、まだまだ無料の紙媒体が減っている訳ではありません。週刊誌や新聞が部数を減らしている中でフリーペーパーは検討していると言えます。

 

折り込み広告やフリーペーパーのメリット・デメリット

クオリティの高い充実した内容の雑誌を無料で読めるのですから、毎回発行を楽しみにしている読書もいます。だから広告誌を出す企業にとってメリットがあります。

特にコンテンツのいい企画をすれば広告効果も高く、お店ならお客が増えるのは勿論です。そして、設置場所が良ければ更にいい結果が出ます。

以前、私が取材した関西の交通系広告代理店では、地下ホームにある壁を掘り込んで作った電飾看板を加工し、フリーペーパーが設置できるようにしたところ、とても効果があったといいます。

この方法は東京でも取り入れられ、東京メトロのホームでも実施され、住宅情報の冊子が置かれていたようです。誰でも興味が湧きそうなトレンド情報ならば駅などは有効な場所でしょう。

ただし、必要のない人に求人や住宅情報、対象の子供がいない人たちに子育ての情報は意味がないので設置する場所を充分選ばないと効果は望めません。特に有料の設置場所では、それが必要です。以前に漫画雑誌を無料で配布した例がありましたが。

毎週同じ時間に号外の新聞を配布するように実施したのですが、あっという間に毎回無くなってしまい、話題にはなりましたが、手に入れた人はごく僅かで、ニュース性はありましたが、誰でも直ぐに欲しくなるような取り合いになるようなフリーペーパーは無料誌には向かないのかもしれません。

 

広告紙・誌業界の評判

広告紙やフリーペーパーはターゲットを絞って読者の欲しい情報を伝えることが重要です。そして、設置場所を十分検討することも大切です。

地域を限定したポスティングも手間がかかる割に手に取ってもらえる確率は多くありません。認知されるまでに時間が掛りますから、即効性は高くありません。

 

有名なフリーペーパーの多くは大手出版社や新聞社が作っているので、内容も充実していて読みごたえもありますが、かなり広告を取らないとやっていけないでしょう。

地道に地域限定で実施しているフリーペーパーの中には、一般社団法人日本地域情報振興協会主催で行われている「日本地域情報コンテンツ大賞」(2019年までは日本タウン誌・フリーペーパー大賞)で大賞を受賞した地方のミニコミ誌、フリーペーパーがありました。

狭いコミュニティの中で限定の情報を流す方法で成功しているものもあるようです。転職で仕事に就くと安定した仕事ができます。

適切なエージェントへ登録すること

同僚リスティング★ - オリコミ広告やフリーペーパーの仕事内容と評判
Web部デジオ

パソナならサポートが手厚いので、まずは登録をしてみましょう。

bgt?aid=201209323405&wid=002&eno=01&mid=s00000016834001007000&mc=1 - オリコミ広告やフリーペーパーの仕事内容と評判

JACリクルートメントは広告会社に豊富な案件がありますので、まずは登録をしてみましょう。

6570 1410480981 3 - オリコミ広告やフリーペーパーの仕事内容と評判

アージズジャパンは案件数が多いので、まずは登録をしてみましょう。

11851 1594888917 3 - オリコミ広告やフリーペーパーの仕事内容と評判h394074w - オリコミ広告やフリーペーパーの仕事内容と評判