求人広告

求人広告の広告代理店とは?転職者増で伸長

iStock 1213837789 1254x720 - 求人広告の広告代理店とは?転職者増で伸長
オリーヴバナー - 求人広告の広告代理店とは?転職者増で伸長
オリーヴ
こんにちは、オリーヴです。求人広告の広告代理店についてです
築地局長JPG - 求人広告の広告代理店とは?転職者増で伸長
築地局長
いまは求人申し込みが急増しているので、ネコの手を借りたいぐらい忙しいようです

求人広告情報の仕事とは

広告にも様々なものがありますが、求人広告情報は、企業が人材を採用することを目的に行う広告を指します。

業務の大まかな内容、採用条件、そして福利厚生や報酬などの情報を掲載し、転職を希望する方や求職をしている方が広告を見て応募するという仕組みです。

商品やサービスの販促を目的とした多くの広告と異なり、掲載側が求める人材を募集するという意味で一般的な広告とは一線を画します。

 

この求人広告情報は、単に媒体へ掲載されるのではなく、専門の媒体に掲載されることがほとんどです。

例えば、求人情報誌やフリーペーパーなどの紙媒体やインターネットサイトなどの紙媒体がこれに当たります。

 

このように一般的な広告とは異なったポイントを訴求する必要がある上、一般的な広告同様様々な媒体に掲載しなければいけないというのが求人広告情報の仕事です。

 

さらに昨今のコロナ禍で、極端に業績の落ち込んだ企業は人員整理を始めています。

これによって多くの求職者が出ることが予想され、ニーズの高まる可能性のある分野でもあります。

求人広告情報の業務

求人広告情報の業務は基本的に広告代理店のケースと極端に変わるところはなく、以下の分野が挙げられます。

 

求人広告情報の主な業務

営業

紙媒体の制作

HP制作やネット広告

求職者のオペレーター

 

これらについて紹介していきましょう。

まず、営業は求人をしたい企業を探すことです。

企業は、求人をしたいと考えているものの、その手段を求めているケースが少なくありません。

そういった点に注目して、様々な企業を訪問することや問い合わせを行ってクライアントとなる企業を探します。

企業が見つかったら採用課題のヒアリング(なぜ求人広告を出すのかなどの背景を知る)や求人の内容をヒアリングして求人広告を制作する情報を収集します。

ちなみに、この求人内容は大手企業の場合は専属のライターが配置されているケースも珍しくはありません。

企業によっては、営業ではなくそういった部署のスタッフが担当します。

この記事以外にも紙媒体の店舗へ置く業務を依頼することも業務の1つです。

自社で製作したフリーペーパーなどを店舗に置いてもらう交渉を行うこともあります。

 

紙媒体の制作も求人広告情報の業務です。

営業が集めたクラアイントの求人情報を記事にしてフリーペーパーにまとめていきます。

企業によっては自社の社屋や業務イメージなどを掲載することもあるので、そういった広告のデザインを行うことも業務になります。

ポスターやテレビCMなどを作ることは、ほとんどありませんが、数が多いこともあるので、テンポよく制作していく技術が必要です。

 

HP制作やネット広告などを手掛けることもあります。

現在はフリーペーパーなどの広告よりもネットで検索して求職する方が増えてきました。

そういった情勢に配慮して対応するのがこの分野です。

検索をしやすくする工夫や見やすい求人情報の制作などを行うといったようにクリエイティブというよりはシステム構築などの技術が求められます。

 

求職者のオペレーター業務があるのは求人広告情報の特徴です。

他の広告代理店では、こういった業務がありません。

しかし、求人の場合は求職者からの問い合わせや最近では求職者と一緒に仕事をする場所を探すことも珍しくなくなってきました。

コンシェルジュサービスなど、呼称は様々ですが、一般的な広告代理店にはみられないこういった業務も求人広告情報ではあるのです。

求人広告情報のやりがい

求人広告情報のやりがいは、社会を動かしているという実感と人と企業を結んでいるという点です。

 

企業は、どんな大企業であっても最終的にはマンパワーに帰結します。

その企業の力を高めるサポートをしているのが求人広告情報であり、求人広告情報の業務を通じて社会を動かしている実感を得ることができます。

 

人と企業を結んでいるということもやりがいといえるでしょう。

仕事は、その人の人生と大きな関係があります。

この大きな関係を持つ仕事と大きくかかわるのが求人広告情報です。

そして、求職者の方と企業を結ぶサポートをすることは、縁を結ぶということ、ここまで人の人生に密着した広告分野はありません。

そういった点にやりがいを感じることができるでしょう。

 

また、企業にマッチした人材を企業に紹介することができれば、企業にも感謝されますし、逆に求職者の方にも感謝されます。

こういった感謝されるということにやりがいを大きく感じるはずです。

 

求人広告情報の大手の会社とは

求人広告情報の分野では、マイナビ転職、doda(デューダ)、type、リクナビネクスト、エン転職といったサービスを手掛けている企業が大手とされています。

 

マイナビ転職を手掛けているのは、マイナビです。

元々進学情報や人材派遣などを行っている企業ですが、就職や転職情報の提供を通じて求人広告情報も手掛けています。

1973年創業と、この分野では歴史の長い企業一つとして数えられます。

 

dodaは、パーソルキャリアが運営するサービスです。

もともと学生援護会という組織で新卒や転職などの情報誌を制作していた求人広告情報企業でもあります。

逆求人型のダイレクトリクルーティングサービスによって求職者が自らを売り込むスタイルの求人広告情報を行う等先進的な取り組みも行っている企業です。

 

typeは近年成長中のネットに特化した求人広告情報を手掛けています。

運営元のキャリデザインセンターは元々求人広告情報誌の「type」を制作し、人材紹介サービスなども行っていました。

現在はネットにも力を入れている企業として、積極的に運営を行っています。

 

リクナビネクストは、求人広告、人材派遣、販売促進、ITソリューションなどを手掛ける総合情報企業のリクルートが運営しています。

様々な分野のノウハウを利用して企業規模も今回紹介した企業の中でも特に大きく、様々な求人を扱っています。

 

エン転職は、派遣事業なども行うエン・ジャパンが運営しています。

日本に限らずアジア圏に拠点を持ち海外展開も積極的な求人広告情報の企業です。

 

これらが求人情報の大手企業といえます。

求人情報の広告代理店の年収は?

求人情報の広告代理店の年収は、平均的な企業の年収から総合広告代理店並みの高収入の企業まで様々です。

平均的な求人情報の広告代理店の年収はおよそ450万円程度ですが、大手の企業になると850万円を超えます。

このように同じ分野であっても収入面で大きく異なる点に注意しましょう。

求人情報の広告代理店は激務?

広告代理店の中では激務と言い切れませんが、一般的な企業に比べると激務なことも少なくありません。

求職者と企業が関わってくる分、対象がクライアント企業だけではない点が激務といえるでしょう。

片方だけの対応をしていればいいというわけではないため、双方の対応をしつつ、近年注目されているネットの求人情報の管理をする必要にも迫られます。

転職を希望している場合は、休日に問い合わせを受けることも多いので、平日休みになることもあるだけでなく、クライアント企業が平日に依頼がある場合は、その休みすら取るのに工夫が必要です。

こういった点が激務の原因になっている可能性は否定できません。

求人情報の広告代理店の独自の悩みは?

求人情報の広告代理店の独自の悩みは、クライアント企業と求職者との板挟みになるケースがあるということです。

 

クライアント企業は、安く優秀な人材を求めているのに対し、求職者は、より安く、より休みの充実した企業を求めています。

こういった矛盾に対して、対応しなければいけないという点は大きな悩みです。

データだけでなく、実際に求職者とコミュニケーションを取らなければいけない場合もあるため、大きなストレスになる可能性も否定できません。

求人情報の広告代理店が伸長中の理由とは?

新型コロナウィルスの感染拡大を予防するため、様々な業種が自粛によって企業活動が行えない状態にあります。

そのため、対象となる企業は存続のため、従業員の解雇をともなうコロナリストラを加速させる可能性が否定できません。

さらにコロナウィルスの流行が落ち着いた後も、アフターコロナによって構造変化が起こり、従来の事業が成り立たなくなって倒産する企業も出るでしょう。

そういった中、新興の業界では人材を求める動きが加速し、新たな雇用創出が起こり始めています。

このように解雇する企業と求人する企業との橋渡し役として今後求人情報の活躍する場面は大幅に増えていくことが予想されます。

このコロナによる経済の様々な変化によって、求人広告業界は飛躍的に伸びることは確実といえるでしょう。

無料の求人サイトに登録して、万が一に備える

やはり、情報を収集し良い条件を手に入れるだけでも安心できます。実は求人広告の広告代理店や制作会社は今大忙しです。

同僚リスティング★ - 求人広告の広告代理店とは?転職者増で伸長
Web部デジオ
転ばぬ先の杖とするためにも、心の安心は転職先の確保です。いざという時の場合に希望の仕事があるのかないのかを確認できるだけでも安心するものです」。そのためにはエージェントに登録して有利に転職情報を集めるところからです。4〜5社は最低限登録しておき、良い情報を手に入れましょう

マイナビは案件数が豊富ですので、まずは登録をしておきましょう。

rr?rk=0100k29i00kwk2 - 求人広告の広告代理店とは?転職者増で伸長 0 - 求人広告の広告代理店とは?転職者増で伸長

パソナならサポートが手厚いので、まずは登録をしてみましょう。

bgt?aid=201209323405&wid=002&eno=01&mid=s00000016834001007000&mc=1 - 求人広告の広告代理店とは?転職者増で伸長

JACリクルートメントは広告会社に豊富な案件がありますので、まずは登録をしてみましょう。

6570 1410480981 3 - 求人広告の広告代理店とは?転職者増で伸長

Dodaなら自動で条件に適した案件を送ってくれるので、忙しい転職活動も効率よく実施できます。

1523 1569171056 3 - 求人広告の広告代理店とは?転職者増で伸長v377866R - 求人広告の広告代理店とは?転職者増で伸長

アージズジャパンは案件数が多いので、まずは登録をしてみましょう。

11851 1594888917 3 - 求人広告の広告代理店とは?転職者増で伸長h394074w - 求人広告の広告代理店とは?転職者増で伸長