転職エージェント

広告代理店に有利な転職エージェント選びで失敗しないこと!

広告代理店_転職エージェント 1254x720 - 広告代理店に有利な転職エージェント選びで失敗しないこと!

就活アドバーザーのオリーヴです。

転職エージェント選びで失敗しない為には、必要なことがいくつかあります。

知っているか知らないかによって、就活が上手く進む場合となかなか進捗できない場合があります。うまくいかない場合は、何か月も書類選考を突破できず、候補の連絡がもらうけど条件が合わない、面談にはいったけど話が食い違ったということがあります。

そんなつらい転職活動にならないためには、転職エージェントのことを理解して後で後悔しないようにしましょう。

 

転職エージェント選びで失敗しないために知っておくこと

転職エージェントには、総合型と特化型があります。

総合型の転職エージェントのメリット

総合型のエージェントのメリットとしては、

①大量の求人を紹介してもらえる

②大手エージェントだけが保有する求人もある

とうメリットがあります。

デメリットは、担当者の専門性はやや低いと言うことがあげられます。

やはり大手の総合型であれば、案件数は多くありますので、条件に合致した求人をピンポイントで探している場合は、なかなか難しいかもしれません。しかし、少し自分のスキルの幅を広げて探す場合は、合致する案件がいくつかヒットするものです。

特化型の転職エージェントのメリット

アドバーザーの専門性が高い

特化型だけが保有する求人がある

という、メリットがあります。

デメリットとしては、求人数がすくないことががあげられます。

そのため総合型と特化型の特性を理解して転職エージェントをうまく選ぶ必要があります。

では、転職エージェント選びで理解しておくポイントとはどんなことでしょうか?

転職エージェント選びで理解しておくポイント

  1. 希望条件に合った転職エージェントを選ぶこと
  2. 総合型と特化型の転職エージェントを混ぜること
  3. 3種類以上の転職エージェントを活用する
  4. 親身になってくれる転職エージェントの担当者を見つける

数多くある転職エージェントにはそれぞれ特徴や違いがあります。

例えば、リクルートエージェントやdodaのような案件数が多い求人を取り扱う総合型の転職エージェントやコピーライターなど専門職種を取り扱っている専門型の転職エージェント、年収700万円以上の求人をメインにしたハイキャリア向けの転職エージェントもあります。

自分にとって譲れない条件に合う総合型の転職エージェントと特化型の転職エージェントを3種類以上利用する事で幅広い求人をリストアップする事ができます。

転職エージェントも求人者の情報を申込情報から理解しているため、自分の意図が伝わない事もあります。親切な転職エージェントであれば、電話連絡をしてくれます。

やはり1社で決まることはほとんどありませんので、複数登録する事で、コミュニケーションが取りやすい転職エージェントに絞りスムーズに転職活動を進める事をおすすめします。

 

転職エージェントの特徴を知る

転職エージェントも多数ありますので、特徴をしっかり理解しましょう。

大手転職エージェント

エージェント 年代 特徴
doda 20〜50代 ハイクラスの求人数&転職サポート
リクルートエージェント 20〜50代 業界No.1のサポートと求人数
マイナビエージェント 20代・30代 20代・第二新卒の転職
JACリクルートメント 20〜50代 年収700万円以上の求人が充実
ビズリーチ 20〜50代 ヘッドハンティング型サービス
コトラ 40〜50代 大手企業に特化したヘッドハンティング型
パソナ_パソナキャリアカンパニー 20〜40代 親身で丁寧なサポートに定評あり
ランスタッド株式会社 40〜50代 大手企業、年収1,000万

 

特化型転職エージェント

エージェント 年代 特徴
マスメディアン 20〜50代 広告代理店などクリエイティブに強い
マイナビクリエイター 20〜50代 クリエイティブ専門に特化
マイナビジョブ20’s 20代 20代・第二新卒・既卒向け|

 

新卒向けエージェント

エージェント 年代 特徴
キャリアチケット 新卒~3年目 新卒者・第二新卒・既卒
キャリタス就活 新卒 新卒
Meets Company 22年卒 新卒
ネオキャリア 新卒~3年目 新卒者・第二新卒・既卒
ウズキャリ第二新卒 第二新卒 第二新卒
ジョブスプリング
新卒 新卒に特化

 

転職成功率を高める転職エージェントの活用法

せっかく転職エージェントに登録しても、うまく活用できずに退会してしまう人は意外と多いようです。せっかく転職エージェントに登録したのですから、フル活用しないともったいない。

そこで、転職エージェントを活用するための”ちょっとしたコツ”を頭に入れておきましょう。

活用法① 転職サイトと連動する
活用法② 口コミ情報も確認する
活用法③ 面談では転職の理由をきちんと話す。
活用法④ 合わない担当者は変えてもらう
活用法⑤ いつ転職したいのか明確に伝える

 

転職エージェントで気をつけるコト、あとで後悔しないために

転職エージェントを活用することは、転職活動するにおいて不可欠のサービスですが、「担当者の力量によって結果が違ってくるので、良くも悪くも担当次第」という点を理解することです。

エージェントの中には、入社したての新人コンサルや、業績を上げるために合致しない案件で無理に転職させようとする悪意のある担当者がいます。

転職エージェントの全員が「転職のプロフェッショナル」というわけではないということです。担当者の話を全て信じてしまわないことがありますので、最終的な判断はやはり自分で行うようにするべきでしょう。

では、転職エージェントを活用する上での注意点をお伝えします。

注意点① 担当者が新人で全く進まない
注意点② ノルマのために、無理やり転職させようとする
注意点③ 職務経歴書に内容が加筆される

 

転職エージェントで信頼できる担当者の見つけ方

信頼できるアドバーザーを見つけるためには、「あなたの今後のキャリアを真剣に考えてくれているか」をしっかり判断することです。

担当者が親身にやってくれるのか、求人紹介の際にいくつか質問を投げかけてみるのが有効です。

  1. 「なぜこの会社を推薦してくれたのですか?」
  2. 「この会社で生かせるスキルはなんですか?」
  3. 「この会社に入る懸念すべき点はなんですか?」

このような質問に対して、回答に煮詰まったり、納得のいく返事をもらえない場合は、信頼できない担当の確率が高いです。その場合は担当者の変更も検討した方がよいでしょう。

 

エリア扱い数が多い転職エージェント

 

北海道・東北 doda・リクルートエージェント・マイナビエージェント・JACリクルートメント
関東 ビズリーチ・コトラ・ doda・リクルートエージェント・マイナビエージェント・JACリクルートメント
中部 ビズリーチ・コトラ・ doda・リクルートエージェント・マイナビエージェント・JACリクルートメント
関西 ビズリーチ・コトラ・ doda・リクルートエージェント・マイナビエージェント・JACリクルートメント
中国・四国 doda・リクルートエージェント・マイナビエージェント・JACリクルートメント
九州・沖縄 doda・リクルートエージェント・マイナビエージェント・JACリクルートメント

 

宣伝会議グループ「広告・Web・マスコミの転職はマスメディアン」なら、クリエイティブの求人が豊富にあります。

パソナならサポートが手厚いので、まずは登録をしてみましょう。

JACリクルートメントは広告会社に豊富な案件がありますので、まずは登録をしてみましょう。

マイナビは案件数が多いので、まずは登録をしてみましょう。