内定辞退

広告代理店の転職に成功できたのですが、実は内定辞退したくてブルーです。

iStock 682260838 1253x720 - 広告代理店の転職に成功できたのですが、実は内定辞退したくてブルーです。
オリーヴバナー - 広告代理店の転職に成功できたのですが、実は内定辞退したくてブルーです。
オリーヴ
こんにちは、オリーヴです
同僚イラストし - 広告代理店の転職に成功できたのですが、実は内定辞退したくてブルーです。
人事部同僚
今回は、内定辞退の話です

広告代理店の内定辞退とは

内定辞退に、みなさん経験あるのではないでしょうか。内定が決まって嬉しい反面不安にかられるというもので、マリッジブルーやマタニティーブルーと似ています。

内定辞退(ないていじたい)とは、内定となり就職が決まっていたものの、本人の都合で辞退することである。内定が成立した時点で雇用契約は成立したこととなるため、内定辞退をしたならば契約のfとい不履行うことになる。

だが憲法上では職業洗濯の自由が保証されているため、内定辞退は認められている。それでも内定を承諾した後には企業側は受け入れ準備を行っているということもあるため、内定辞退をしたならば企業側から損害賠償を請求される場合がある。

採用経費は会社が負担すべきものであるため、内定辞退をしようとも入社予定者が求められるということはない。民放においては退職を伝えてから2週間が経過すれば雇用契約は解除できるということになっているため、入社直前になってから内定辞退をした場合に損害賠償が求められるならば、2週間勤務した場合に会社が得られる利益相当額と考えられる。学生に対して内定を出した場合にでも、その学生の親が入社を認めないために内定辞退をするといった場合が存在している。

内定辞退とは

新卒・中途採用のどちらでも、企業から採用通知をもらうこと事態は嬉しいものではないでしょうか。一方で採用されたことで、気分が落ち込み内定ブルーになる人が一定の割合でいるのも事実です。

内定通知を受け取って後に辞めたくなり、内定を断ることを内定辞退と言います。

内定辞退に起因する内定ブルーの割合とは

実際に企業から内定を受けたにも関わらず、内定辞退したくなり「内定ブルー」に陥ってしまう人が2割近くいるようです。実際どういう理由でそのような事態になってしまうのでしょう。

スクリーンショット 2020 12 14 21.11.54 300x197 - 広告代理店の転職に成功できたのですが、実は内定辞退したくてブルーです。

広告代理店に転職する不安

来年新卒で△△への入社が決まっています。内定もらった時は、第一希望だったこともあり、ジャンプしたいぐらい喜びに溢れていました。しかし広告代理店は、労働環境問題やネットのしんどいというカキコミをみる度に大丈夫なのか、やっていけるのかと不安になりました。

親は喜んでいますし、内定ブルーだということも言えず、苦しんでいます。この不安をどうしたら良いのか、友人に話すのも気が引けてしまい、1人で悶々としてしまっています。

広告代理店の2社に内定

転職活動をしていたので、何社か採用面談を受けていました。一番良いと思った会社よりも先に2番目の会社の内定をもらい思わず「よろしくお願いします」と言ってしまいました。(25歳男性)

本命の会社はなかなか返事がないため、このまま第二希望で進めてしまうしかないかと考えています。そんなことを考えると夜も眠れなくなります。(23歳女性)

同僚イラストし - 広告代理店の転職に成功できたのですが、実は内定辞退したくてブルーです。
人事部同僚
内定辞退したい理由は理解できますが、社会人としてのマナーを守りましょう

内定ブルーなる人

就活、転職活動をして内定を確定まで漕ぎ着けたものの、「本当にこの会社でいいのだろうか」と悩んでしまうのが内定ブルーといいます。精神状態が不安でいっぱいになり、ネガティブ要素が頭を占めているので、ブルーに陥ってしまう就活生も多いです。実態はどうなのでしょうか。

内定ブルーの要因と特徴とは

  1. 本当にこの会社で良いのか
  2. 本命ではなく第二志望だった
  3. 興味が薄れたきてしまった
  4. 社会に出ることへの憂鬱
  5. 学生(前職の会社)かた離れる辛さ
  6. この会社の先行きが心配

内定ブルーに陥ってしまう要因としては、上記のように様々考えられますが、大きく分けると会社に対する不安要素と環境変化が起こることへの不安要素になります。

内定を獲得したこと自体は、嬉しいはずだったけれど、いざ現実に直面した場合に現実として受け止められない、受け止めたくないという心理が働きます。どうしても現状からの変化を前向きに考えられないことは誰にでも起こり得ることです。

内定ブルーにならない人

  1. 苦労した就活なので楽しみにしている
  2. 勤務先の人に会うのを楽しみにしている
  3. 入社まで忙しく考えている暇がない
  4. 新しいことにチャレンジできるので期待している
  5. やりたかった仕事なので嬉しい

内定ブルーにならない人達は、前向きに捉えネガティブ思考に陥っていない状況です。いわゆる変化を受け入れて行動することができる人と考えて良いでしょう。

不安要素はあるだろうが、ポジティブ要因をそれ以上と考えて自分の中で気持ちが整理できているということでしょう。人間には必ず変わることへの抵抗感というものが少なからず存在します。なるべくプラス思考で考え、実際良いポイントを列挙して納得できるようにすることで気分も変わってきます。

不安要素は、一つでも一度超えてしまえば、どうってことなかった。と思うものですが、最初は受けられないという場合もあります。

内定辞退はいつどう伝えるべきか

  1. 一刻も早く伝えること
  2. きちんと誠実に素直に伝えること

採用してくれた会社へは、採用の受け入れ体制や準備というものがありますので、もし内定を辞退する場合は、早いに越したことはありません。つい言いにくいさから、先延ばしにしてしまい、もう明日出社となるケースもあるようです。

実際に取りやめたとしても、憲法で職業選択の自由が保障されています。とはいえ、せっかく面談し雇用採用をいただいた会社に、失礼な態度で内定を辞退するのは社内人としてのマナーにも違反します。

実際企業側は多くの採用経験を行っているため、過去にも内定辞退ケースもあると思いますので、それほど驚きはしないかもしれません。

もし他の会社の内定を待っていて決心がつかないなどあれば正直に伝え、気持ちの整理がつくまで待っていただいたほうがいいでしょう。期日を決めて自分で結論を出せるようにしましょう。

法的効力はない

結論からいえば、法的ペナルティーはありません。採用に関わる費用は全て会社負担だからです。しかし内定承諾書にサインをしたならば、企業側にとって気持ちが良いものではありません。実際感情論になり、請求書が送られてきたということがあります。

会社が引っ越し費用を持ってくれた場合など、実際にかかった経費を請求されるケースもありますので、会社の人事部ときちんと話し合うことが必要です。

内定承諾書に法的拘束力はありませんが、提出後の内定辞退は企業に多大な迷惑をかけることになります 結論から申しますと、内定承諾書に法的な拘束力はありません。 よって、内定承諾書に署名捺印をした後に内定辞退を申し出たとしても、法的なペナルティを負わされることはないでしょう。

迷惑をかける

実際に就活のエージェントを活用していた場合や後輩に迷惑がかかるということが言われます。内定辞退珍しいことではなりませんが、例えば学生の場合、推薦枠からの内定辞退の場合は、翌年以降の希望者になんらかの迷惑がかかる可能制はゼロではありません。

ただし、実際には今回の採用と、後輩の採用(会社や学校)とは別物ですから、同じと考えることはよくありません。心象の問題も大きいと思いますので、誠実な対応を心がけることです。

入社準備

入社準備には、PCの準備や保険加入手続き、給与振り込みのための銀行口座の窓口の開設などを行う手続きが生じます。労務担当者が準備をしたり、配属先のデスクの準備、名刺の発注など手間をかけて準備してくれているのです。入社が近ければ近いほど、費用も加算できていることを理解いたしましょう。

時間と費用がかかっている

採用には、費用と時間をかけて行っていることを理解することが大事です。採用担当者も面談では夜遅くの退社時間に合わせて対応しているケースもあります。役員面談や社長面談の調整も含め親身に対応してくださっていました。やっと良い人が見つかったと採用担当者は喜んでいるケースが殆どです。そういった背景を社会人として理解することが大事です。

内定辞退のマナー

内定辞退の断り方のマナーですが、誠実に伝えることが一番です。しかしいきなり訪問する手紙を一方的に出すというのも得策ではありません。

まず最初に電話でアポイントを取ることからにしましょう。会社側からなんのアポイントであるのかを聞かれば場合は、正直に応え直接あって自分の言葉でお伝えしたいという意思表示をしましょう。

誠実な謝罪

電話で連絡

電話で内定辞退を伝えたる場合は、あくまでアポイントとしての連絡しましょう。詳細は面談をしていただきお伝えしたいとするべきです。

また内定辞退の理由ですが、採用していただいた会社に対して非難めいたことを伝えることはよくありません。例えば、「御社でやっていく自信がありません」「本当は第一希望ではありませんでした」「社員のかたに良い印象がありません」「御社の仕事に興味をなくしてしまいました」などです。

あくまで回答としては、個人的な理由に留めておくべきでしょう。そう言っても嘘をつく必要はありませんから、「深刻な病気になりました。」などという必要はありません。

 

メールで連絡

前略

先日は、お忙しい中、採用通知をいただき感謝申し上げます。人事部採用ご担当の○○様の方には、お時間をかけ親身になって採用面談をしていただきましたことに感謝を申し上げます。

この度は、お電話でお伝えさせていただきました通り、私の勝手な理由にはなりますが、やむを得ない個人的な事情があり、残念ではございますが内定辞退をさせて頂きたいと存じます。関係者のみなさまには多大なるご迷惑をおかけしてしまい、心からの謝罪とお詫びを申し上げたいと考えております。

大変残念ではございますが、辞退することに至りましたのは、個人的な事情となりますのでどうかお許しをいただけますと幸いです。

今後の御社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。

草々

手紙で連絡

手紙での内定辞退は残ることになりますので、人事部で負担となることも想定されます、ただ直筆の手紙は誠実さを表現することもなります。

まずはメールでお伝えした上で、どうしても相手の担当者が憤慨している場合にのみ手紙で送る程度にしたほうが良いでしょう。

まとめ

オリーヴバナー - 広告代理店の転職に成功できたのですが、実は内定辞退したくてブルーです。
オリーヴ
電通や博報堂にも内定辞退者はいますので、自分だけが悪いと思わずに社会人としのマナーをきちんと理解して対応しましょう