転職に必要なスキルと勉強法

広告代理店の転職に有利な資格とスキル、効果的な勉強法とは?

iStock 1216906869 1254x720 - 広告代理店の転職に有利な資格とスキル、効果的な勉強法とは?
オリーヴバナー - 広告代理店の転職に有利な資格とスキル、効果的な勉強法とは?
オリーヴ
こんにちは、オリーヴです
同僚イラストし - 広告代理店の転職に有利な資格とスキル、効果的な勉強法とは?
人事部同僚
広告代理店に転職する場合の必要なスキルについてお伝えします。
同僚リスティング★ - 広告代理店の転職に有利な資格とスキル、効果的な勉強法とは?
デジタル部
組織で伸長している部署は、人材が足りないという実情がありますからね、そこで生かせる能力やスキルは必須条件ですね

広告代理店が求める人材

事業会社などのクライアントから求められることは、お客様が商品を選び、自社商品の価値を認めてもらって購買してもらうことです。そのお客様ですが、いわゆるターゲットという呼び方をしてきましたが、近年はペルソナという言葉を使い、性年齢だけではなく、価値観や属性、移住地や趣味などを想定し理想の顧客像を定義しています。

同僚リスティング★ - 広告代理店の転職に有利な資格とスキル、効果的な勉強法とは?
デジタル部
顧客の価値観やトレンドなど意識が高いことが求められます
オリーヴバナー - 広告代理店の転職に有利な資格とスキル、効果的な勉強法とは?
オリーヴ
消費者って飽きるので新しい提案をしていかないと、ブランドを買い続けてくれないのよね

事業会社やメーカーが、広告代理店に求めるのは、消費者理解、世の中のトレンドなど、人々の暮らしや思考がどのように変化していくかの未来予測です。

人材として必要とされるために

世の中の動きに敏感で感度や意識が高い

広告代理店は、消費者の心に響くような広告を企画、制作することになるのですが、その際に世の中の動きや消費者が求めていることを理解していることが求められます。

流行に敏感であったり、最先端のアイテムや文化に触れることが好きな人。情報感度が敏感にキャッチできる人材は広告業界に向いているということが言えます。

課題解決、問題整理が早い

クライアントからオリエンを受け代理店は企画書を作成します。大抵、課題や問題がごちゃ混ぜになっっているケースが多いものです。

そういう社内の課題をまるごと代理店に依頼して、なんとか整理てもらいアイデアを提案してもらおうと考えるのが事業会社の宣伝部やマーケティング部門の担当者です。

結構、色々な問題がごちゃまぜになっていることが多く、きちんとロジカルに整理してくれることを期待もされるし、実際提案することでクライアントから大変ありがたいと思ってもらえるのです。

新しく創造することが楽しく、ワクワクできる

新しいことに抵抗なく、突き進んでいける人材は代理店では必須ですね。世の中は常に変化しているので、新しい社会を創るための仕事は多く、コンセプトメイキングやクリエイティブ案をいくつも検討します。

そういった作業を楽しく、ワクワク取り組める人材でなければ、代理店ではついていけなくなります。常に意識を高く持って臨んでいく姿勢が必要です。

広告代理店に必要なスキル

日系メーカーの多くは売上の半数が海外ということもザラです。日本本社にいるから言語はできなくていいというわけにはいかない場合があります。

テレビ会議やZOOM会議も頻繁に行われますので、言語はネイティブなみにできなくても知らないというのは結構恥ずかしいとも言えます。

昔は通訳を会社は付けてくれたりしましたが、今が経費削減でなかなかそうはいかない現状があります。

オリーヴバナー - 広告代理店の転職に有利な資格とスキル、効果的な勉強法とは?
オリーヴ
メーカーにいた時は、代理店のアカウントやスタッフと上海や北京のスタッフとTV会議をすることが多く、誰か現地の言葉話せませんか?といつも聞いていましたね

語学中国語

いまや世界のビジネスに大きな影響を与えるのが、中国です。上海や北京の現地スタッフと打ち合わせすることも今後はさらに増えることが予想されます。

また英語以外に中国語ができると代理店内で重宝されます。ポジションとして、中国語できる〇〇さんというのは、アドバンスとしてメリットが大きいです。

語学英語

英語は社内の昇格要件の条件に入っていることもあります。TOEICやTOFLEは最低730点〜850点は欲しい所です。今後の転職や異動においても有利ですし、もし将来外資に転職したいとなった時も、英語はマストですから、やっておいて損はないです。

Google Adwordsの認定資格

最近のインターネット広告ができない知らないというわけにはいきません。GoogleやYahooの広告や数字データの見方など、当たり前に知っている必要があります。

クライアントから質問がきても知見に乏しいということでは、「デジタル疎い人」と見られてしまいます。今のうちに認定資格を取っておくことで「デジタル人間」と認知してもらうことは仕事上メリットが大きいです。

Web解析士認定講座

営業、企画、マーケティング、広告、人事、等様々な部署や職種の人がウェブに関わる際に、「知識の統一」という壁が存在することがあります。

それにより、意思の疎通が図れなかったり、スピードが落ちたりと事業のブレーキになることがあります。

ウェブ解析の知識は、施策の意思決定や遂行、結果の評価等において非常に役立ちます。

同僚リスティング★ - 広告代理店の転職に有利な資格とスキル、効果的な勉強法とは?
デジタル部
Webの知識は今や当然のスキルとなってきています。

プログラミング

代理店にいるからプログラミングが必要なのかと言ったら絶対必要と言う訳ではありません。しかし、昨今のECサイトの立ち上げや運用が主流になってきている中で、効果的なLPの構成要素やSEO対策はどうしたらできるのか。という基本的なことを知らなくては話になりません。

同僚イラストし - 広告代理店の転職に有利な資格とスキル、効果的な勉強法とは?
人事部同僚
少しでも基礎的なことがわかっていないと見積もりも作成できませんね

広告の勉強

今や新しいマーケティングスタイルが流行ると一斉に飛びついて、プランの作成に活用しようとします。スモールマス戦略やJOB理論など、知らないと恥ずかしいことがありますので常に勉強しておく必要があります。特にWebマーケティングは今の時代を考えても知らないわけにはいきません。必ず習得したい広告スキルです。

rr?rk=0100o3fq00kwk2 - 広告代理店の転職に有利な資格とスキル、効果的な勉強法とは?

効果的な勉強法

スキマ時間

忙しい業務の合間に勉強するので、時間のスキマ最大限活用しましょう。

職場の行き帰りの時間や、帰宅後のちょっとしたタイミングをうまく使い、“スキマ時間仕様” の効率的な勉強をすること。

「時間がない」というのは、ただの言い訳になってしまうかもしれません。

スキマ時間の「長さ」によって勉強内容を変えることをすすめています。

たとえば、働きながら資格勉強をしたい場合。電車やバスを待つ数分~10分程度の短いスキマ時間には、参考書のチェックポイントに目を通したり専門用語を見返したりするなど、ある程度手軽にできるもの。

昼休みなど長めのスキマ時間には、テキストを読み込んだり課題を解いて答え合わせしたりするなど、取り組みたいもの。

勉強内容を分ければ、時間を無駄にせず、細切れでも効率よく勉強できそうです。

スクールで効率よく

やはり、人間自己管理が難しいというのが最大の悩みかもしれません。どうしても時間のコントロールと意識が続かなくなるものです。

そう言う場合は、スクールがおススメです。予約してお金も支払っているわけですから、無駄にしたくないと思い、通うことができるもの。

会社や自宅の近くで通いやすいスクールを見つけるにも、継続できるポイントですね。

ネットで勉強

今年はオンライン化が一気に進みました。ZOOMやチャットワーク、LINE通話など、様々なものを活用して授業を受けることができます。

授業は早朝から深夜まで時間帯は多岐に渡っています。一人でなかなか勉強することができにくい、また誰から教わることのことが効率よく学べる。

なんといっても通わなくてもいいので、時間も有効活用することができますね。

広告代理店に転職する、入ってから活躍するためにも、今のうちからしっかり身に着けておきたいもの。

明日から、自分に合った勉強法で始めてみてはどうでしょうか?

書籍で勉強

書店やアマゾンで広告やマーケティング、ターゲット論など新しく話題になるものが多くありますので、こまめにチェックして月に数冊は読む習慣が必要です。

同僚リスティング★ - 広告代理店の転職に有利な資格とスキル、効果的な勉強法とは?
デジタル部
デジタルの初心者のおススメはこちらです

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?転職活動に向けて日頃から積極的に行動することで、真面目で誠実な人柄が評価されるポイントとなります。

同僚イラストし - 広告代理店の転職に有利な資格とスキル、効果的な勉強法とは?
人事部同僚
面談でも常に勉強をしている向上心の高い人は有利です
オリーヴバナー - 広告代理店の転職に有利な資格とスキル、効果的な勉強法とは?
オリーヴ
確かに最近読んだ本でおすすめは?と聞かれました!
同僚リスティング★ - 広告代理店の転職に有利な資格とスキル、効果的な勉強法とは?
デジタル部
Webの知識のみならず常に高い意識を持っている人材はどこに配属されても必要とされますね