ネット大手広告代理店

【ネット広告代理店】GMO NIKKOは、集客の大手おすすめ転職先

広告代理店_転職先_GMO NIKKO 1280x720 - 【ネット広告代理店】GMO NIKKOは、集客の大手おすすめ転職先

就活アドバイザーのオリーヴです。

ネットの広告代理店のGMOは、みなさんがご存知の会社ではないでしょうか?渋谷の街でGMOの看板を見る度に、その大きさに「いつの間にこんなに大きな会社になったの?」と思うのは私だけではないはず。

さあ、みなさんはどこまでこの会社のことをご存知でしょうか?

GMO NIKKOはネット広告代理店の老舗

 

GMO NIKKOとはどんな会社か?

インターネット関連の事業を中心に通信から金融、エンターテイメントなど幅広い事業を展開しているのがGMOグループです。

同グループで広告部門の一翼を担っているのが今回紹介するGMO NIKKOです。

ここでは、同社の概要や強みについて解説していきましょう。

 

GMO NIKKOの会社概要

GMO NIKKOはGMOグループの広告部門であるGMOアドパートナーズ株式会社の子会社としてデジタル広告を担う企業です。

もともと1992年に日広という企業が設立されたことから始まり、2008年にGMOIグループの傘下に入って現在に至ります。

GMOアドパートナーズ株式会社の子会社に移行するなど、立ち位置の変化を経験してきました。

こういった過去はあるものの、GMOグループのデジタル広告における重要な企業という立ち位置は変わりません。

このような経緯を持つGMO NIKKOの企業情報を次に紹介します。

 

  • 商号:GMO NIKKO株式会社 (英文表記:GMO NIKKO Inc.)
  • 設立:2009年8月3日
  • 創業:1992年8月25日
  • 本社:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-2-3渋谷フクラス
  • 資本金:1億円
  • 主要株主:GMOアドパートナーズ株式会社(JASDAQ:4784)
  • 従業員数:258名(2020年12月末現在、契約社員、アルバイトを含む)

 

GMO NIKKOの売上

345億1,900万円(連結)GMO NIKKO単独での売り上げは非公開

GMO NIKKOの売り上げの規模でみると、親会社や関連会社のGMO NIKKOアドキャンプ株式会社、GMOユナイトエックス株式会社、GMOプレイアド株式会社、GMOパフォーマンス株式会社のすべてを合わせた金額でも従来の広告代理店の半分程度です。

参考として、国内の大手ハウスエージェンシーである株式会社読売広告社が685億6,200万円です。

そのため、広告代理店としてみるとGMO NIKKOは国内の中堅広告代理店の規模といえるでしょう。

しかし、デジタル広告代理店としてみれば、百億円単位の売り上げがある時点で、この分野の大手の一角です。

 

GMO NIKKOの強み

GMO NIKKOの強みは、GMOグループの一員であること、マーケティングを得意としていること、海外にも拠点を持っていることです。

 

GMO NIKKOは、国内の大手インターネット企業であるGMOグループの一員です。

そのため、通信関連の高い技術を持っている同グループの支援も期待できます。加えて、同グループは金融部門もあるため、財務関連にも強みがあります。

広告代理店で金融部門がグループ内にあるのは、非常にまれです。これもGMO NIKKOの強みとして挙げられるのではないでしょうか。

このようにデジタル広告以外にも様々な事業がグループ内で行われています。

そして、それらの企業との協業によるデジタル広告の新しい可能性を秘めているのも強みです。

 

デジタル広告だけでなくマーケティングの分野にも強みを持っています。

もともとGMO NIKKOは、GMOグループの傘下に入る以前、日広(NIKKO)として従来型の広告代理店を行っていました。

その時に培った広告代理店に付随する業務である、マーケティングのノウハウもあります。

デジタル広告の代理店の多くが2000年代に始まった企業が多いのに対し創業1992年と長い歴史も持っています。

その点も他のデジタル広告代理店にはない強みとい得るのではないでしょうか。

海外進出も行っています。ベトナム経済の中心地であるホーチミン市にオフィスを持ち、現地でも業務を展開しています。

中国や北米などに進出する広告代理店が多い中、東南アジアに進出している点で、ほかの広告代理店にはない強みです。

これら以外にもGMO NIKKOは様々な強みを持っていますが、主な強みとしてこの3点を挙げます。

GMO NIKKOの求人関連情報

GMO NIKKOは業務拡大を目指して求人を行っています。

ここではどのような求人を行っているのか、気になる年収はいくらなのかといった話題に対して解説していきましょう。

 

GMO NIKKOにはどんな求人がある?

GMO NIKKOでは新卒以外に中途採用の人材募集も行っています。

非常に多岐にわたるため、次の項目にまとめていきます。

 

  • ウェブアナリスト
  • データアナリスト
  • 営業担当
  • 運用コンサルタント
  • アフィリエイト広告の運用担当
  • サーバーサイドエンジニア
  • ビジネスデザイナー
  • リードエンジニア

このように8種類もの職種を求人中です。

それぞれについて紹介していきましょう。

 

ウェブアナリストはウェブページの様々なデータを分析しするアクセス解析の専門家です。

課題を指摘したり、改善案を提示したりする業務を通じてデジタル広告の広告効果を高めることに貢献します。

 

データアナリストははデータ分析結果をもとに、サービスの品質向上を目的としたシステム構築や改善を行う業務が行ものです。

また、データをもとに課題に対する現場施策のコンサルティングなども行います。

 

営業担当はデジタル広告分野の営業担当であり、従来の広告代理店の営業同様にクライアントの広告案件の窓口になります。

デジタル広告の戦略立案から施策実行まで一連の業務を担当する業務です。コンサルタントやクリエイティブ部門をまとめて事業を進めていきます。

 

広告の運用コンサルタントはクライアントの課題に対して必要な商材を提案する業務です。検索連動型広告以外にもSNSを利用したプロモーションの企画などの提案などを行います。

戦略設計や、クリエイティブやデータのプランニングなどの上流工程に携わる業務も視野に入れた勤務が求められます。

広告の運用担当は主にアフィリエイトを担当する業務です。データ分析などで得られた内容をもとにアフィリエイトプロモーション戦略の設計を行います。

サーバーサイドエンジニアはGMO NIKKOではプログラマー枠として採用を行っています。自社システムの開発・保守・運用といった技術面でのサポートが業務です。

ビジネスデザイナーはDX(デジタルトランスフォーメーション)に関する一連の業務を行う職種です。

業務コンサルタントやデータの可視化など技術職としての活躍が期待されています。

 

最後のリードエンジニアは、自社システムの開発・保守・運用を行います。広告のデータの根本となるシステムを管理する業務で、デジタル広告業務の大元を担う技術職です。

 

GMO NIKKOでは、このように多彩な業務内容の求人を行っています。

 

GMO NIKKOの年収は?

GMO NIKKOの年収は平均418万円です。

これは、従来型の広告代理店と比較すれば低めですが、デジタル広告代理店では、高い水準にあります。

また、各種手当も充実しており、4半期に一度人事考課で高い評価を得られれば、より多くの年収も期待できる職場です。

ちなみに先ほど紹介した中途採用枠の各職種は、いずれも実力に応じて500~800万円の報酬を設定しています。

このクラスで採用されれば、中堅の従来型広告代理店の平均年収と変わらないレベルになるので、決して低い年収ではありません。

 

GMO NIKKOの実績を紹介

GMO NIKKOの実績は、求人関係のデジタル広告や資格取得関連などキャリアに関わる事例などがあります。

詳細に関しては、逐次更新されています。

そのため、公式サイトでアカウント取得することで具体的な事例を確認することができるでしょう。

また、大手の美容関連企業もクライアントとしてデジタル広告分野のプロモーションを行っています。

美容関連は、競争が激しくプロモーションに最も力を入れている業界の一つです。

こういった業界で着実に実績を上げているという時点でもGMO NIKKOの実力がわかるのではないでしょうか。

何気なく見た美容関連のネット広告やプロモーションもGMO NIKKOが深くかかわっていたというのも珍しくありません。

 

まとめ

GMO NIKKOは、1992年に創業した従来型の広告代理店である日広を源流とするデジタル広告の広告代理店です。

GMOグループの一員として様々なデジタル広告業務を行っており、求人も多彩な分野で行っています。

実績も着実に積み上げ、デジタル広告分野としては規模の大きな広告代理店です。

GMO NIKKOはGMOグループ内の協業のもと、これからの動向が注目されます。

 

 

 

自分にマッチした会社を見つけよう!(自己分析に役立つ)

転職したい、もしくはマッチするか知りたい人は、一度求人サイトの無料診断を受けてみることで適正を測定することができます。

スマホから手軽にできる、コンピテンシー診断。あなたの職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、ビジネスマンとしてのあなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できます。

まずはアプリで適性チェックを受けてみることをオススメします。登録は無料で約3分で診断できます。

 

7350 1545132719 3 - 【ネット広告代理店】GMO NIKKOは、集客の大手おすすめ転職先

第二新卒におすすめの転職エージェント

転職する際に、エージェントを活用するおススメは、極秘の案件の多さと転職するにあたりの種類作成や面談のアドバイスです。

また適性に合った案件や希望の会社に近い会社を探してくれます。

親身になって探してくれるエージェントを見つけよう!

・第二新卒におススメは、

マイナビジョブ20’s:豊富な案件と親身させは定評があります。

20代・第二新卒・既卒の転職
0 - 【ネット広告代理店】GMO NIKKOは、集客の大手おすすめ転職先
0 - 【ネット広告代理店】GMO NIKKOは、集客の大手おすすめ転職先