希望退職

ADKや大広のリストラは?万が一の希望退職や早期退職者の募集に備える

iStock 1129299616 1254x720 - ADKや大広のリストラは?万が一の希望退職や早期退職者の募集に備える
オリーヴバナー - ADKや大広のリストラは?万が一の希望退職や早期退職者の募集に備える
オリーヴ
こんにちは、オリーヴです。自粛活動に伴いアパレル業界だけではなく、各会社が希望退職者を募るようになってきましたね
同僚リスティング★ - ADKや大広のリストラは?万が一の希望退職や早期退職者の募集に備える
Web部デジオ
広告代理店の希望退職はどうなるのかな
築地局長JPG - ADKや大広のリストラは?万が一の希望退職や早期退職者の募集に備える
築地局長
電通も厳しい状況だし、今年のオリンピック開催もないと売上が厳しいなあ、業界的にはオリンピック実施して欲しいなあ

昨年2020年2月のコロナから、業績悪化の企業が徐々に増えてきました。最初の第一波でロックダウンを行うなどしたため、早期収束できるのではないかと考えていた方も多かったと思います。

しかし実際は自粛活動開催の目途がたっていないのが現状です。

政府の施策として秋からスタートしたGO TOトラベルキャンペーンも、第二波の懸念から中途半端に終わってしまいました。

同じくGO TOイートも発想は良かったのですが、外出を控える呼びかけがあり成果を出しきれず、現在は20時以降は営業しないようにという規制までになりました。

18時から営業して、20時終了になると実質2時間のみの営業にしかなりません。これでは売上が立ちませんし、補助金も数万しかないとなると耐えきれない店が続出する恐れがあります。

また、旅行関係では、航空会社のJALやANAも業績が悪化し、銀行からの借入金を増やし、航空機の機体を小さくしたり、本数を減らすなどの経費削減を実施。最近では家電業界に人員を派遣するまでになってきました。

しっかりと雇用確保を行っているので、その経営手腕や人材雇用に関する動きは、素晴らしくよい企業だなと言える状況ではあります。しかしいつになったら売上があがるのか?これは自粛活動が解禁され、全面的な経済活動の再開を待つほかありません。

2021年に入り、飲食店の20時までの営業時間の短縮が拍車をかけ、経営の存続さえも危ぶまれています。自粛活動の影響は、旅行業界や飲食業界に留まらず、じわじわと一般企業にも押し寄せてきていました。

築地局長JPG - ADKや大広のリストラは?万が一の希望退職や早期退職者の募集に備える
築地局長
近所の有名なうどん屋が昨年末で閉店したが、すでに飲食業界だけの話ではなくなってきている
オリーヴバナー - ADKや大広のリストラは?万が一の希望退職や早期退職者の募集に備える
オリーヴ
電通も過去黒字時代に早期退職制度があったけど、今回の個人事業主化は、驚きの施策です

博報堂DYは過去、2017年に希望退職者を募集した

希望退職者の募集は、45歳以上がターゲットにされ130人が応募しました。実際辞めた人たちはどうやって新しい仕事を手に入れたのか。と不安がよぎりますね。

同僚リスティング★ - ADKや大広のリストラは?万が一の希望退職や早期退職者の募集に備える
Web部デジオ
僕の元博報堂の友人は、Googleに転職していました

実際に電通や博報堂の優秀な社員は、Google社に転職している人もいます。外資の広告代理店からFaceBook社に転職した人もいます。昔は大手広告代理店に入社できたら、安泰だったのですがネット時代になり、確実にGAFAが存在感を高めてきています。

オリーヴバナー - ADKや大広のリストラは?万が一の希望退職や早期退職者の募集に備える
オリーヴ
Google社に入社できるなんて、それはまれなケースで、かなり優秀だったからでしょう!みんながみんな、そうではないでしょう

希望退職と早期退職との違いやメリット・デメリットについて

それでは今回は、それぞれの希望退職(早期退職)メリット・デメリットについてお伝えします。万が一の場合に備えて、事前に学習しておく方がいいでしょう。

 

 

希望退職とは

「希望退職」とは、今回のようなコロナによって企業の売上や業績悪化になり、社員の人員削減を目的として退職する社員を募集することです。例えば「コロナにより、リストラ。100名の希望退職者を募る」など、最近ニュースで流れているかと思います。

自分の会社は大丈夫と思っていたが、実際は赤字に転落してどうしても資金繰りが苦しくなってしまっていた。ということもあります。

IR決算発表も実際のところ、最初は経理でさえも詳細を把握していなかった他業種への出資が焦付き赤字計上しなくてはならないくなったということは、よく聞く話です。

一時期に赤字に転落したからといって、すぐに人員削減するかどうかですが、回収見込みがない、何か整理をしないと黒字化できない、銀行の融資を受けられない。といったことが重なると、人件費の比率の高い会社であれば、早期退職や希望退職について討議されるでしょう。

「まさか、うちの会社に限って、、」嘘であってほしい、そう考えるのも当然ですが年齢が40歳以上、特に50代後半の年齢に近づくとそういった事実を突きつけられるのも実際にはあります。

そういった場合に備えて、社会人として、しっかり希望退職と早期退職の違いについて理解をおきましょう。

希望退職制度とは

オリーヴバナー - ADKや大広のリストラは?万が一の希望退職や早期退職者の募集に備える
オリーヴ
希望退職制度とはいったいどういうことなのかな?

会社が社員である従業員の主体的な退職者を募集するということです。業績悪化に伴い人員整理をし、人件費削減が目的に行なわれることなのです。リストラは、解雇勧告ですから、その一歩手前と言えます。

「希望」という名前がついていますので、働いている従業員の主体的な意思があるのかが基準となります。法律的には拘束力はありません。

あくまで「希望」ですから、会社側から強制することはできません。但し、希望退職による退職となった場合には、基本的には、自己都合ということではなく、会社都合という退職が成立しますので、その後の手続きや支給されるものや制度で違いが出てきます。

また、希望退職は希望すれば100%成立する、という種類のものではなく、能力の高い従業員や専門的な従業員は引き止めに合うケースが多くあります。

希望退職がきちんと成立するためには、会社と従業員との間で「双方の合意」がなくてはならないため、実際には「辞めないで欲しい」というような引き止めも起こるケースもあります。

そして、そういった引き止めを振り払って辞めるケースになると、強引に退職したと見なされますので、会社都合ではなく自己都合の退職扱いになりますから、注意が必要となります。

早期退職制度と希望退職の違い

希望退職制度と間違いやすいのが早期退職制度。この2つはまったく違うものになります。

その違いは、業績悪化によって「人員を整理し、人件費を抑制する」という点です。

会社としては、希望退職制度を実施する狙いは、人員整理をして会社の業績悪化を立て直したいということが目的で行うものです。ですから、早期退職制度を活用したいと考える社員に対しては退職金を増額されるといった優遇措置がほとんどで、かなり金銭的にはお得になります。

希望退職は、急ぎで募集ということがほとんどです。

一方で、早期退職制度とは、定年前に従業員が組織を退職できる制度のこと一般的には指します。恒常的に従業員がの会社の早期退職制度に応募できることですので、「福利厚生」としての意味合いが強いです。

一般的に応募者には「退職金の割り増し」や「再就職支援」などの優遇措置が用意されていることもあります。


希望退職制度は、企業が将来の経営(財政・資金)リスクに備え、時期を限定して早期退職者を募る制度です。これに応じて退職する従業員には、早期退職制度と同じく「退職金の割り増し」や「再就職支援」などの優遇措置が用意されていることが一般的です。

また、早期退職制度と違う部分でいうと、希望退職は期限をつけて応募を募るため、ほとんどの場合従業員への「退職勧奨」が伴います。

しかし、今回のような社会情勢、会社の財政情勢で言いますと、年齢が高い層に向けた退職メッセージとも取れますので、希望退職と早期退職(要は会社として社員を退職させたい意向があり、年齢の高い人を対象にしたい)が同義として扱われているケースが多く見受けられます。

会社が、希望退職者を募集

希望退職という「希望」には、一見全社員向けに発信してはいますが、人事としては、辞めてもらいたい社員には辞めてもらいたい。残って欲しい社員には残って欲しい。と考えているのが本音です。

もし仮に、在籍している会社が希望退職制度を実施した場合はどうするか。一番肝心なのが、誰が対象になっていて、自分が該当するのかどうかです。

もちろん、希望退職ですので前述の通り断ることはできます。しかしここで考えていただきたいのが、会社として募集を出しているという事実です。「辞めて欲しい社員」を会社は考えている(検討している)ということです。

財務的には赤字なのですが、すぐに会社が倒産するわけではなりません。したがって、もし自分が対象としてみられている場合でも、慌てる必要はありません。淡々と冷静に受け止めて今後どうするのかをじっくり考えることが必要です。

では、自分が希望退職者の募集の対象者になってしまった場合どうするかです。支給される退職金や会社からの転職先の猶予期間。そして辞めた場合のメリット・デメリットを検討し、希望退職に応募しても経済的にやっていけるのかどうかを検討する必要があります。

まず手元に入るお金を資金として、どのようにやりくりしていくかです。支出と手元の資金の計画をたてることです。

これから説明する、希望退職のメリット・デメリットをよく読んでおきましょう。

 

 

 

希望退職に応募するメリット・デメリット

希望退職に応募する場合に考えられるメリット・デメリットについて考えてみましょう。

希望退職のメリット

多くの退職金が得られる

希望退職制度の場合は、かなりお得な割り増しの退職金提示があります。しばらくの間の生活を心配することなく、やりくりすることができます。

早期の失業給付金支給

失業することになるため、「会社都合」の場合は、「自己都合」の場合よりも2ヶ月ほど早く、失業給付金を受け取ることができます。

失業給付金の長い給付期間

「会社都合」での退職は、「自己都合」の退職よりも、約2倍の期間の失業給付金を受け取ることことになります。※勤続年数にもよりますので、よく確認しましょう。

離職理由を理解されやすい

希望退職の場合は、会社の業績悪化に伴う退職のため、能力やスキルの問題ではなく「自分の意志で退職することを選んだ」となり、転職活動において離職理由を説明しやすくなります。会社の売上が厳しく転職活動となれば、同情もされるケースもあります。

転職活動の時間が取りやすい

退職するまでに次の転職先が決まっていなくても、自分が希望する会社をじっくり探す時間があります。そのため転職活動に腰を据えて活動しやすいということです。

希望退職のデメリット

安定収入が無くなる

ある期間に定期的な日々の生活費や保険料などの支払いが負担となります。多くの退職金があったとしても、決まった収入がないということの不安が残ります。

転職先が決まるかわからない

今回のコロナや景気の変化などの場合は、この企業も業績がよくないので、当初想定していたよりも転職先が決まらないケースもあります。辞めてから探しそうと考えてもなかなか思うような会社に決まらないということもありますので、よく検討した方がいいでしょう。

年金の支給額が減る

年金は、「加入月数」によって定まりますから離職期間が生じると年金の総支給額も減額されることも想定しなければなりません。

最悪の場合、住居の売却

住宅ローンの支払いが難しくなる場合は、住居の売却をしなくてはなりません。慌てないためにも、売却は、売りたい半年前以上から動く必要があります。

ローンを組めない

働いていない無職では、まずローンは組めないです。クレジットカードの審査さえも通らないことになりますので、ローンを組みたい場合は、辞める前に全てやっておく必要があります。

希望退職を断る選択肢もある

もし仮に希望退職の対象になってしまっても、断るという選択をしても問題ありません。しかし、実際に経営が悪化しているため、この先会社が社員を抱えていられなくなるケースも想定されます。

もうこれ以上社員を雇用し続けられないとなった場合は、現在の条件よりもどんどん悪い提示をされてリストラする。ということがなきにしもあらずです。

 

能力や経験・スキルは最大の武器

結局、利益が出なければ会社も社員を採用し続けられないのですから、会社の状況を理解した上で後悔しないように何があってもやっていけるという準備をして行かなければなりません。

結局のところ、どこに行っても重宝される人になっておく必要があります。現在の会社からも引き止められる。あたらしい会社でも、能力が評価されて転職できる。

そういった自分の武器を日頃からつけておく必要があります。これからの時代は、会社だけに依存するのではなく、会社と個人の仕事は別にそれぞれに稼ぐことができる能力をつけておきましょう。

 

 

広告代理店でリストラにあう可能性は誰にでもある

結局のところ、日本企業の終身雇用という考え方は今後の社会では通用しなくなるのではないかと思わずにはいられません。

日本の社会は、入り口のテストは難しいが入ってしまえばそれ程努力をしなくても、やっていける風土があります。大学受験や就職が良い事例でしょう。

また年齢が上の世代をみると「昼からデスクでネットで囲碁をしているし、やる気ないモード全開で私たちより高い年収をもらっている」と愚痴も溢れてしまいます。

であれば、あまり時間を費やさずに楽をしていたい。と考えるのもすごく自然なことなのでしょう。ある意味今までは、ラッキーに会社人生を過ごしてこれたのです。

これからは、自分で自分の人生を切り開く力が必要になってきます。もし、退職という選択をしなくても、人生100年時代です。自分で稼ぐ力は必要になってきます。まだまだ元気なうちは仕事をしていくことが最善です。

 

 

アプリの無料診断で、自分の強みを再認識

外部評価で市場価値を測定することも参考になります。一度求人サイトの無料診断を受けてみることで適正を測定することができます。

スマホから手軽にできる、コンピテンシー診断。あなたの職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、ビジネスマンとしてのあなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できます。

まずはアプリで適性チェックを受けてみることをオススメします。登録は無料です。

 

おすすめのアプリ①

ミイダスなら、適正チェックであなたの「強み」が無料で分かる!

市場価値から本当のキャリアパスを見出すサービスを提供してくれるミイダス

 

7350 1545132719 3 - ADKや大広のリストラは?万が一の希望退職や早期退職者の募集に備える

おすすめのアプリ②

たったの3分!
手軽に将来のキャリアを診断できます。

各キャリアの専門家である転職エージェントに
無料相談ができる。

日本初のAIキャリアシミュレーションアプリ【VIEW】

VIEW – 日本初AIキャリアシミュレーション

0 - ADKや大広のリストラは?万が一の希望退職や早期退職者の募集に備える

 

無料診断のアプリなら、隙間時間に診断できます。ぜひ、客観的なデータを活用してみましょう。転職に有効な意外なアドバイスを受け取ることができます!

 

あなたにとって親身なエージェントを見つける

転職活動は、精神的にも体力的もつらく厳しい状況が続くことが予想されます。おおよその転職期間は、約3〜4ヶ月と言われていますが、職種や年齢、景気によっても左右されます。なかなか決まらず半年〜1年かかる方もいます。

まして2021年はコロナ禍で多くの企業がリストラを全面にした、希望退職や年齢が高めの従業員に向けた早期退職などが後を立ちません。こんな辛く厳しい状況を乗り越えるためには、自分にとって親身で味方になってくる人が必要です。

転職活動は、知人などのコネを最大限活用するなど手段を選ばずやった方がいいと思います。なぜなら一番よく知っている人の紹介が話が通り安いからです。

でも、なかなかそんな知人のネットワークで転職活動が進められない人が多いのも事実ではないでしょうか。そんな時の強い味方は、転職サイトのエージェントです。エージェントは実際には多くあり、特徴もさまざまです。

多くの転職サイトに登録しておくことで、情報が多く手元に届きます。デメリットはありません。あるとすれば、メールのチェックや電話が多くなるだけ。

特に転職サイトでは、あなたにとって最高に親身になって対応してくれるエージェントを見つけることです。履歴書、職務経歴書、面談や面談後のサポートなど。

心が折れそうな時にもサポートしてくれるので、きっと転職が上手く行きます。

 

 

  • 合わせて読みたい転職活動中の人に人気の記事

【2021年版】広告代理店転職おすすめエージェントのランキング

 

 

オリーヴバナー - ADKや大広のリストラは?万が一の希望退職や早期退職者の募集に備える
オリーヴ
それでは、実際に転職された方の口コミを集めましたので参考にしてください。

【口コミ】転職エージェントの評価

 

「マイナビ転職エージェント」の口コミ

会社の上司とウマが合わなかったため、転職することにしました。転職エージェントも複数あるのでどれがいいのかわからなかったため、会社の同僚が利用して転職に成功していた「マイナビ転職エージェント」を利用してみることにしました。

マイナビ転職エージェントを利用してみて良かったと感じたところは、「サポート体制がしっかりしていた」ことです。

自分は、転職活動するのが初めてだったので、コンサルタントが付いてくれ、自分の希望条件に合った求人案件を紹介してくれたり、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策を指導してくれたのもとても助かりました。

安心して転職活動をすることができたので、マイナビ転職エージェントを利用して良かったです。マイナビ転職エージェントを利用する前に「他の転職エージェント」を利用していたのですが、こちらは「今ひとつ」でした。サポート体制は悪くないのですが、「求人の質が良くなった」です。

取り扱っている求人案件が、中小企業が多く、職場環境も良くなさそうな感じがしましたし、担当者から紹介される求人案件も自分の希望条件に合致していないものも多かったので、途中でやめさせてもらいました。

マイナビ転職エージェントを利用して、年収は前の働いていた職場と同じくらいですが、「職場環境が良くなった」ので良かったです。

同じ業種での転職だったので、年収が同じで職場環境が良くなっただけでもとても満足しています。転職して後悔したところなどもなかったので、このまま続けていきたいと思っています。

 

オリーヴバナー - ADKや大広のリストラは?万が一の希望退職や早期退職者の募集に備える
オリーヴ
もう1名の方からもマイナビ転職エージェントの口コミです。

 

 

初めての転職に親身にマイナビは寄り添ってくれました。他の大手転職エージェントは、非常に機械的な対応で、あまり相談に乗ってくれませんでした。

希望条件に合わない求人を紹介される、選考結果を他の企業のものと取り違えられるなど、信頼できないような対応が続きました。 年収は前職と同じ水準でした。

比較的早いタイミングでの転職だったので、第二新卒枠として柔軟性をアピールし、即戦力採用というよりはポテンシャル採用をしてもらえました

転職前はドライな雰囲気の職場で、業務外の付き合いはほぼありませんでした。転職先はアットホームな職場で、仕事が終わった後は飲みに行き、休日は共にスポーツ観戦をするような文化があり、なかなか馴染めないと感じました。

 

リクルートエージェントの口コミ

「求人数の豊富さが魅力のリクルートエージェント」私は40代で転職をしましたが、その際にリクルートエージェントを利用しました。久々の転職活動であり、且つ年齢的な面もあり、そもそも希望条件に合う求人があるのか不安でした。

そこでネットの口コミで求人数が豊富なエージェントを探したところ、リクルートエージェントの評価が高かったので、利用することにしましたが、実際に口コミどおりでした。

サービス利用登録後の最初のエージェントとの面談で、すぐに20社以上の求人を紹介頂けたのです。しかも大手企業の求人だけでなく、小さくても実力と魅力のある企業も紹介頂き、バリエーションもとても豊富でした。

多くの求人を紹介頂けたので、他のエージェントとを併用する必要もありませんでした。転職活動も順調に進み、サポートも問題なく、最終的に転職先も決まりました。年収は50万円程度アップしました。

総じて満足のいく転職でしたが、少しだけ後悔している点は、転職先の文化が独特て少し自分に合わない風土があった点です。大きなマイナスポイントではないのですが、面接官だけでなく、実際の職場の人と事前にお話できる場を設けることをお願いすれば良かったと思っています。

 

オリーヴバナー - ADKや大広のリストラは?万が一の希望退職や早期退職者の募集に備える
オリーヴ
もう1人のリクルートの転職エージェントを利用された方です。

 

私の転職活動を振り返ってみて良かった転職エージェントはリクルートエージェントとエンエージェントです。

理由につきましては、自分の希望条件に合う求人を配信して頂いたことと職務経歴書の書き方、面接対策で指導をして頂けたことです。転職エージェントを利用したおかげでまずは、自己分析をすることの大切さが良くわかりました。

他のエージェントで研修も受けキャリアアップという視点では、良い求人がほとんどなかったと考えています。

年収は少し下がってしまったと思います。しかし転職エージェントを利用して、職務経歴書を添削して頂き、面接の実際の質問で練習をすることで転職活動はうまくできました。

転職する際に後悔したことは、年収が少しでも下がってしまうのであれば転職は控えるべきだと思いました。労働環境の改善を優先し過ぎて、早めに内定を頂けたところにしてしまい、年収が下がってしまいました。もう少し選考を進めて転職活動を続けるべきだったと思いました。

 

マスメディアンの転職エージェントの口コミ

全般として企業の掲載数多くて、魅力的でした。そして細やかに職種など絞り込み探すことができいて短時間で希望に近いところさがせます。

それぞれの企業についてかなりくわしく情報がありよかったです。ですが、実際探せば自分が希望の職種での掲載あまり多くなかったです。いろんな職種で幅広くさがしたければとても探しやすいところでした。

また、面接日同行してくれた担当者がとても良い人で、企業へ行く前喫茶店で1時間ほどの事前打ち合わせ、面接練習をしてもらいました。建物はいる前は頑張ろうと声かけてもらって、心細さが消えました。ホームページはいろんな角度からの口コミがあり、参考になりました。

不安点などについて担当者がしっかりフォローしてくれて信頼して任せられました。また、システムも難しいことなくて、ネット検索もスムーズにできてストレスなく活動ができました。

これから成長するであろう企業がかなりあると感じられました。年収も80万ほどアップしました。

 

コトラのエージェントの口コミ

経理系で応募をしました。しかしながら目立った実績のない私の場合、転職大手他社の求人紹介では企業が求めているレベルとの差が大きく異なり、また、それでも大手の力なのか面接まで行くことが多かった。

そのため面接で食い違うことが多く、メンタル的にすごくしんどく感じることが多かったが、エンジャパンの場合はクライアント企業と良くコミュニケーションが出来ているのか、書類はやや通りづらい印象があったが、呼ばれた面接では比較的スムーズに進むことが多く、気持ちよく面接を終えることが出来ることが多かった。

なので、コトラをおすすめします。他の転職エージェントでは、確かに転職大手であるため求人自体はとても多く感じました。しかしながら、私のスペックの低さもあるのですが、面接に進む企業とのマッチングが上手くできていなかった。

面接ではとても苦労したし、また担当者がそのたびに受け答えが悪かったのではと詰めてくるので、とてもやりにくい印象を持ちました。年収は結果的には50万円ほど上がりました。

経理系なので、比較的転職しやすいが上場前の場合は、株主総会の経験が問われるので可能な限り新卒で大手に入社すると他業種への転職は容易になる。

また英語が出来るとさらに楽になる。やはり転職前の最後の賞与や転職後の最初の賞与がないのは辛かった。また今思えば、退職給付の計算式等は会社の勤務期間が長ければ長いほど有利になるので、やはりそういった金額面的なところでは少し後悔をしている。

 

dodaエージェントサービスの口コミ

大手で求人数が多く、求人内容が充実していた。マイページが使いやすい、LINEでのやりとりができるなどシステムがの利便性が高かった。それに加えて、担当者の人柄がとてもよく、流れ作業ではなく、私の状況にあった転職先を真剣に考えてくれたから。

他の求人情報でも提案は多かったが、担当者が流れ作業のような感じで求人情報を出してきてほとんど役に立たなかった。たくさん担当を抱えているようで、連絡も遅く、テンポが悪かった。

自分のキャリアを棚卸ししておくことや条件を整理しておくことはもちろんのこと、エージェントを活用するのであれば、自分にとって良いと思える担当者と出会うことが大切だと感じました。

エージェントサービスは結局人と人とのやり取りなので。 また、提案された求人についてはよほど合わない場合を除き、試しに面接に行ってみるといいです。練習という意味でも役立ちますし、また、面接を通じて自分の転職観を深掘りできたり、視野が広がることもあります。私の場合、面接に行ってみて、結果として対象にする業界が広がりました。

また、そうやってまずは活動をしていく中で担当者もより希望にあった相性の良い提案ができるようになったと感じたので、ある程度時間がかかることは覚悟した上で、転職活動を進めていくと良いと思います。

大手企業からベンチャー企業へ転職したので社風の違いや業務のスピード感など覚悟していたものの、想像以上に変化が大きくかなり戸惑った。

ワークライフバランスの観点で年収減少は受け入れていたが、前職の退職金が想像以上に少なかった。勤続年数によりテーブルが変わるようになっていて、あと数ヶ月で数%変わるタイミングだったと後でしったのでなおのことがっかりした。

また、どうしようもない部分だが、コロナで仕事が激減してしまった。 雇用調整助成金がもらえているが、いつまで満額もらえるか分からないし、ボーナスが0になってしまった。

 

JACリクルートメントの転職エージェントの口コミ

よかった転職エージェントはJACリクルートメントです。その理由は、求人提案数が多く、職務経歴書の添削、面接等丁寧に対応してくれました。

他のエージェントでは、とにかく聞いていた情報と食い違いう点があり、内定がでた会社に入社させようとする。営利団体で、売上ありきであるのは理解しているが、求職者を商品としてみすぎている。

今回の転職では、年収は約80万円あがりました。

転職する際後悔したことでは、とにかく入社前と入社後で、聞いていた話と食い違う点が多い。例えば業績は良いと聞いていたが、実際は右方下がりで経営が不安定等などです。

新しい風を入れ立て直すのはわかりますが、転職者に全てを押し付けるのは如何なものかなと思います。

当然ながら正しい情報を伝えていない求人元の原因は大きいですが、しっかりとヒアリングができていない、業界分析をし仮説を立ていない転職エージェントにも問題があります。

転職エージェントは人の人生を左右する責任が思い仕事だと思うので、年齢ではない人生経験とホスピタリティー精神のある担当者に出会うことが大事であると思います。

 

<今回口コミ評価の高かった転職エージェント一覧6選>

 

「マイナビ転職エージェント」

人事&採用担当との太いパイプ

「doda」エージェント

大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイト

「コトラ転職(エンジャパン)」

キャリアを重視した充実の企業紹介

「JACリクルートメント」

外資系にも強い、求人前の人事預かり案件も多数

「マスメディアン」

クリエイティブの強い味方

「リクナビ」エージェント

大手だからこそ、多数のきめ細かい案件を紹介してくれる